どかれふのExcel画廊

表計算ソフト、エクセルで描いた画をだらだら放出中。マウスで描いてるよー。ネタ切れの時は激渋酒場レポートになります。

昭和臭残るステキなお店

年々減少していくであろう昭和ムードが色濃く残るナイスなお店をゆるエクセル画でレポートしてます。

【番外】激渋食堂 - 中華・洋食「辰巳軒」@石神井公園

今回は石神井公園にある中華と洋食が楽しめる食堂「辰巳軒」。個人的には洋食メニューのほうが酒のつまみになるから好きだなぁ。盛り合わせもきれいだ。俵型のハムカツ、おススメです。

【番外】激渋食堂 - 中華そば・おそば「福幸軒」@東久留米

今回はよく行く銭湯の近くにある鉄オタ蕎麦屋「福幸軒」。 突き当りの座席はリアル列車のシートで食事ができる。そば以外に中華系メニューも豊富。

【番外】激渋食堂 - 中華「新京」@東長崎

今回は激渋食堂篇でまたも町中華黄金地帯の東長崎エリアにある「新京」。 本格派の激渋 x 枯具合の極致。 料理も裏切らない昭和ワールド。

【番外】激渋食堂 - 中華・定食「大連」@東久留米・東京

今回は激渋食堂篇。 東京は東久留米の駅近の町中華「大連」。つまみのラインアップも豊富の飲める中華料理屋だ。 本店の営業時間もすごい。

【番外】激渋食堂 - 中華料理「天王」@高円寺

今回は激渋食堂篇。 高円寺で銭湯遠征ついでに立ち寄った町中華「天王」。 ここの生姜醤油ラーメンは町中華の頂点じゃないかなぁ。定食類も豊富。 近所に欲しいお店だ。

テレワークのおかげで地元の酒場再発見。立ち飲み「どろのき」をエクセルで描いてみた

テレワークのおかげで、地元のナイスなお店の再発見。 今回は近所の駅前にある立ち飲み「どろのき」。 名前のインパクトの割にはまったり一人飲みにぴったりの酒場だ。 パーツ数912。

【番外】激渋酒場 - 「丸千葉」@南千住

エリアは激渋の山谷だけど名店酒場「丸千葉」。外出自粛要請出る前に念願かなって初上陸。大将やっちゃんが「たけしに」に見えるのは俺だけか?。つくづくいい店だ。酩酊。

【番外】激渋酒場 - 大衆酒場「追分」@東京・山谷

東京随一の寄せ場、山谷の激渋酒場に飛び込み入店。 本格ディープ酒場。お通しなし。誰もつまみ頼んでない。 先輩も新参者にやさしくかまってくれる。酩酊。

【番外】激渋酒場 - 酒場ふくろ@池袋西口

今回はGlobal Ringっていうのもできてなんだか小綺麗になりつつある池袋西口の老舗酒場「ふくろ」。平日午前中のハッピーアワーと8のつく日の料理半額でせんべろ確定。

【番外】激渋酒場 -十条せんべろ飲み(東京北区)

今回は東京・北区の副都心、十条のおすすめ酒場巡業ルートのご紹介。15時~20時くらいまでの4軒コース。 お店の営業時間に合わせて、無駄な時間が出ないよう香盤組んでますよー。

【番外】激渋食堂 – 天将@東京・十条

ひさしぶりの激渋食堂。 今回は埼京線の良心、でも再開発に揺れる十条の「大衆食堂 天将」。 ママのお酌に心もなごむ。

【番外】激渋酒場 -飯島酒店(角打ち)@神楽坂

牛込神楽坂駅。 といってもすぐに思い当たらない都会のエアポケットゾーンにある角打ち、飯島酒店。 大将も客層もマイルドな都会の角打ちだ。

【番外】激渋酒場 -パニック・パラダイス ~森山酒店@長崎

2020初の激渋酒場は長崎篇。 ロックバー「パニックパラダイス」に 角打ち「森山酒店」。 長崎酒場放浪記です。

【番外】激渋酒場 - 三兵酒店(角打ち)@池袋西口せんべろ飲み

今回は久しぶりの激渋酒場篇。 最近なぜか人気上昇中の池袋でも今だあやしげムード漂う西口のレアな角打ち。 うーん、ディープだ。 酩酊。

【番外】激渋酒場 - 小野酒店(角打ち)@岡山

今回は激渋酒場篇。 岡山駅前の角打ち。駅前なのにこのゾーン一帯は栄枯れてる。 朝9時から営業の酒と渇きモノのみのハードコア角打ち。 うーん、ディープだ。 酩酊。

【番外】激渋食堂 – 松月@東京・東長崎

激渋食堂篇その2。 今回も西武池袋線東長崎の町中華銀座にある中華食堂「松月」。 安いし量が多いからいつでも混んでる。

【番外】激渋酒場 - 細重酒店(角打ち)@盛岡

今回は盛岡角打ち巡業その2。 中心地からは歩いていくには結構遠いけど、わざわざバス乗ってまで行った甲斐があった築150年の旧家仕立ての酒屋。 女将と常連爺様がアウェイ飲みの肩苦しさを揉みしだく。 名店で酩酊。

【番外】激渋食堂 - 大羊飯店@東京・東長崎

今回は激渋食堂篇。 街中華の黄金地帯、西武池袋線東長崎にある「大羊飯店」。 創業50年超のレガシー食堂で昼ビーだ。味も風情も染み込むナイスなお店。

【番外】激渋酒場 - 高知せんべろレポート最終回@Rockカフェ「ぽおる」

高知随一の老舗ロックバー「ぽおる」。 由来は「マッカートニー」ではないらしい。 何の「ぽおる」だ? 男気あるママのおもてなしに再訪必至と思いきや・・・ とにかく高知はイケてるお店があって、酒飲みには最高のパラダイスだよー。

【番外】激渋酒場 - 高知せんべろレポート2@竹内酒店

今回は飲酒天国、高知の激渋酒場の続編。 元角打ちの「竹内酒店」。 高知の名所「はりまや橋」から5分ほどの住宅地。 話好きの大将が初訪の一人飲み客にも豊富なトークで退屈させない。

【番外】激渋酒場 - 高知せんべろレポート1@〇吉(まるよし)食堂

今回は飲酒天国、高知の激渋酒場。 昼から飲める〇吉食堂。高知の中心地のランドマーク観光スポットの「ひろめ市場」のかなりわかりにくい裏手にあるプロ好み風情の酒場だ。

【番外】激渋酒場 -立石せんべろ飲みおすすめコース

今回は「せんべろの聖地」葛飾区の首都、立石のおすすめ酒場巡業ルートのご紹介。 12時~20時くらいまでの6軒コース。 お店の営業時間に合わせて、無駄な時間が出ないよう香盤組んでますよー。

【番外】激渋酒場 - 平興商店(角打ち)@盛岡

エクセル画枯渇につき、今回も番外編。 岩手の盛岡は角打ち=「もっきり」の優良店が多い。平興商店はその店構えと風情にノックアウト必至の名店だ。

【番外】激渋酒場 - 菊屋@向島

スカイツリー麓、墨田区向島にあるリアル深夜食堂、というか深夜酒場。 看板が壊れてて、外観からは屋号不明で食堂なのか飲み屋なのか判別不明。 またいきたい。

六本木の雑居ビル地下にある昭和食堂Amet(アメット)をエクセルで描いてみた

六本木の地下の魔宮空間、 昭和食堂「Amet(アメット)」。 店内の雰囲気は独特で圧巻だけどマスターの男の手料理が売りだ。 入りにくいけどイイ店。 パーツ数629。

恵比寿の裏通りの激渋居酒屋「筑紫」をエクセルで描いてみた(でも閉店)

今はなき恵比寿裏通りの激渋居酒屋「筑紫」。閉店間際になんとか画を納品。店に飾られることはなかったなぁ。 パーツ数585。

年中無休で昼から飲める激渋居酒屋「なみ」@清瀬をエクセルで描いてみた

清瀬の年中無休で昼から飲める激渋「なみ」。「入りにくい店」の王道。常連の「圧」も半端なかった。 パーツ数937。

東京の辺境、清瀬にある昼飲みの聖地「みゆき食堂」をエクセルで描いてみた

東京の辺境、清瀬にある昼飲みの聖地「みゆき食堂」。「孤独のグルメ」で超人気店になって、なかなか入れません。 パーツ数889。