どかれふのExcel画廊

表計算ソフト、エクセルで描いた画をだらだら放出中。マウスで描いてるよー。

商店街の路地裏に佇む激渋とんかつ屋「みのや」@駒込をエクセルで描いてみた

駒込の激渋とんかつ屋「みのや」のエクセル画イラストキャプチャ版

 

今回は東京は豊島区駒込にある

とんかつ屋「みのや」のエクセルで描いた話。

 

 

ひさしぶりのお店エクセル画です

今回はひさしぶりの食堂エクセル画。

お店モノでは2月の十条「斎藤酒場」、

食堂系では1月の石神井公園「ほかり食堂」以来の登場。

 

東京は山手線地味駅トップクラスだけど

ステキな商店街が残る街、駒込。

駅から15分ほど歩いた路地裏に

激渋とんかつ屋「みのや」が鎮座する。

 

tabelog.com

 

看板がない名店

駒込の激渋とんかつ屋「みのや」の写真

駒込の激渋とんかつ屋「みのや」

 駒込駅の山手線の外側に出て

昭和臭残る霜降→染井のダブル銀座商店街を

抜けたわき道。

完全に住宅地だ。

 

「とんかつ」の暖簾や提灯はあるけど

屋号の看板がない。

一瞬廃業店舗かと思わせる

激渋名店にありがちな風情だ。

向島の「菊屋」や練馬の「新京」と通じる部分がある。

 

よく見ると店先のコロナ関連チラシに

店名が控え目に書かれていた。

これ以外に店名がわかるものは見当たらない

 

控え目の「みのや」の屋号

「みのや」の屋号は控えめだ。

お店は左側に4人掛けテーブルが2卓

右側が5人ほど座れるカウンター席だ。

お店はご主人と女将さんの老老2オペ。

そして真正面の壁には老舗の証の亀の甲羅のはく製がある。

なんだかゾクゾクします。

 

亀の甲羅のはく製

老舗の証、亀の甲羅

昼時は満席状態だったけど

13時頃から客がはけたてきたのでテーブル席に着座。

カウンター越しにこれまた名店の証の

お品書きオン・ザ・ウォールが見える。

卓上にはメニューがない。

 

「みのや」のお品書きオン・ザ・ウォール

「みのや」のお品書きオン・ザ・ウォール

単品のロースかつが550円

ベーコンエッグやハンバーグは270円

定食ものは豚汁がついてほとんどが750円。

安っ。

 

とりあえず大ビール(600円)だ。

レモンハイが450円だからビールがなんだか割安だ。

 

駒込「みのや」で大瓶600円

大瓶600円。

 

これが550円のロースかつ

つまみでロースかつとベーコンエッグに

ハンバーグをオーダー。

 

まずは ベーコンエッグ登場

「みのや」のベーコンエッグ270円。

ベーコンエッグ270円。

卵2個にベーコンは1枚を2つにカット。

底には千切りキャベツ。

270円だし合格です。

 

ハンバーグも270円。

「みのや」のハンバーグ270円。

ハンバーグ270円。

ソースはかかってないけど、

十分に味付けされている。

巨大つくねみたいな感じでグーッだ。

そして本命のロースかつだ。

 

「みのや」のロースかつ550円

ロースかつ550円。厚い熱い。

 

これ、「かつや」のとんかつより厚いんじゃないかな。

衣は薄くて油っ気も無くカリッと揚っている。

文句ないですねぇ。

 

飲み物はレモンサワーも追加して

会計は2人で2590円(税込み)。

1人1300円ほど。

すばらしいじゃないかぁ。

 

「みのや」のエクセル画描くしかないな。

 

エクセル画のスペック

駒込のとんかつ屋「みのや」のエクセル画イラスト

駒込のとんかつ屋「みのや」のエクセル画イラスト

2021年4月制作。

 

パーツ数781。

 

駒込のとんかつ屋「みのや」のエクセル画イラストドット版

 

 久しぶりの店モノだから集中力が続かない。

窓越しの見える段ボールとか

店先のビールケースや描くものが結構多い。

描きだしてから1週間以上かかったなぁ。

その割には1000パーツ以下だった。

 

屋号が見当たらなかったから

今は使ってなさそうな電飾サインに

勝手に描き入れときました。

 

エクセル画納品

普段はエクセル画のブログをアップしてから

お店に持っていくケースがほとんどだけど

今回は出来上がり早々に持って行った。

 

「みのや」にエクセル画納品。受け取る女将さん。

「みのや」にエクセル画納品。受け取る女将さん。

女将さんが受け取ってくれた。

普段は包丁握って

ずーっと背中を向けてた大将も振り向いてくれた。

 

お店は1970年からで創業51周年。

老舗だ。

トイレのも昔ながらの木製タンクだし

トイレットペーパーじゃなくて、ちり紙だ。

 

トイレの木製水槽タンクに水洗レバー

木製水槽タンクに水洗レバー。右にはちり紙が見える。

 

「みのや」グループ

ちょうどお客もはけたタイミングだったから

大将がいろいろ話してくれた。

 

岐阜出身で今年80半ば。

東京でとんかつ屋をやっていた兄を頼って上京。

このお店は東十条駅前にあるとんかつ屋の「みのや」

 

tabelog.com

 

そして東十条の孫が始めたお店が

大塚のとんかつ屋「美濃屋」

 

tabelog.com

 

おー、みんな血縁者だったんだなぁ。

 

商店街が近いとはいえこのへんは高齢者が増えて

コロナで人は減ったしで大変ですよ。

商店街の道がタイル貼りになってからは

雨降りの日なんか滑るから怖くて歩けませんよぉ。

昔はそばに(東京)外語大があって商店街なんか

まっすぐ歩けなかったけどねぇ。

今はシャッター通りみたいになってきてるしねぇ。

でも、昔の常連だった外語大生がたまに来るんですよ。

「懐かしい懐かしい」って食べてきますよ。

 

と大将の話は止まらない。

すごい話好きじゃないですか。

 

そうこうしてるうちに次のお客さんが来たので

そろそろ撤収だ。

 

ひさしぶりにいい店だった。

 

酩酊。

 

駒込の激渋とんかつ屋「みのや」のエクセル画イラスト額装版


 

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村


居酒屋ランキング