どかれふのExcel画廊

表計算ソフト、エクセルで描いた画をだらだら放出中。マウスで描いてるよー。ネタ切れの時は激渋酒場レポートになります。

【番外】激渋酒場 - 高知せんべろレポート最終回@Rockカフェ「ぽおる」

高知市内いたるところに貼られているキリンビールの「たっすいがは、いかん」の飲酒を煽るポスター

高知市内いたるところに貼られているキリンビールの飲酒を煽るポスター

 

今回が高知激渋酒場シリーズの最終回。

食堂酒場「〇吉食堂」→

元角打ち「竹内酒店」の後に向かったのは

「ロックカフェぽおる」。

 

その前の足跡はこちら。

 

www.dokarefu.com

 

www.dokarefu.com

 

 

 

アウェイ飲みのオアシス=ロックバー

2018年はかなりの出張案件があって、

年間の泊まり出張は20回以上あった。

結果、全47都道府県を宿泊して全踏破は達成。

 

しかし以前は、下調べせず

ノーガードで行った和歌山、甲府は

そもそも繁華街の場所も

怪しかったこともあったけど

店を決めきれず路頭に迷った苦い経験があった。

 

それ以降、出張前にはネットや口コミで

1晩3~4軒は回れるくらいの

リサーチをしてから行くようにしている。

 

基本形は飲めて食べれる酒場か、

大して食べなくても一人飲みOKの

立ち飲みか角打ち。

〆のラーメン屋かうどん屋。

できれば各店1000~2000円以内。

 

これに、県庁所在地だったら

ロックバーを探して準備完了だ。

 

21時前のロックバーは開店間際で客も少ない。

マスター(orママ)も話好きな人が多くて、

地元のおすすめとかロック話とか

余所者の客にもいろいろ構ってくれる。

店主も50オーバーの同世代の人が多いから

音楽のネタも合う。

 

Jazzが流れるオーセンティック系のバーだと、

チャージやらで2杯飲んだら

5000円はいっちゃうけど、

ロックバーはだいたいが2000~3000円程度。

ほどほどの金額で

音楽と地元ネタ聞けるから

出張時には重宝している。

 

ロックバーは個人経営のこじんまりとした店で、

どっちかといえば繁華街の裏通りの

雑居ビルにあるケースが多いからなかなかわかりにくい。

しかも扉が閉まってて中の様子がわからない店が多い。

 

以前飛び込みでロックバーらしき店に入ったら、

ロックもかかるけど基本はカラオケスナック。

 

地元常連のカラオケの中、

ママの話声も聞こえず

圧に負けて早々に撤退したこともあった。

やっぱしっかり事前調査は必要だ。

 

で、高知も「ロックバー」で調べたらあるじゃないですか。

 

高知老舗ロックバー「ぽおる」

はりまや橋近くの「魚の棚商店街」。

竹内酒店からも徒歩10分弱のところに

Rockカフェぽおる」がある。

 

tabelog.com

 

高知では老舗ロックバーらしく、

ここは数年前に近所から移転してきたとのこと。

 

ミュージシャンが高知でLiveやった後の打ち上げで

お店に来ることがよくあるらしい。

 

入りにくい雑居ビルの上階かと思いきや路面店

しかもドアは開けっ放しでカウンターが見える。

客はまだ誰もいない。

これは入りやすい。

 

高知市のロックバー「ぽおる」の外観

 

店に入ると

煙草をくわえてキャップを被った

茶髪の男気のあるママが登場。

酒と煙草でやられた

いい具合のハスキーボイスだ。

 

ママ「いらっしゃい。

 きょうはどっから来たの?」

 

俺「東京です。仕事。」

 

このあと、竹内酒店と同様に

高知の訪問経験や街の印象インタビューがはじまる。

 

マ「お客さん、どんなの好きなの?

 DVDいっぱいあるしYouTubeもつながるから流すよ。」

 

お「70年代のハードロックっすかね。

 Led Zeppelinとか」

 

マ「じゃ、これかな」

 

で、「永遠の詩」のDVDを大音量で流してくれた。

 

高知市のロックバー「ぽおる」で流してくれたLed Zeppelin「永遠の詩」のDVD

 

お「お店の『ぽおる』って

 もしかしてマッカートニー?」

 

マ「だいたいみんな言うけど、違うわよ。

 当ててみて」

 

お「KISSのスタンレー?」

 

マ「違う。

 答えはロジャース

  わかんないでしょう」

 

お「Freeの?渋いなぁ。

 それ当たんないよ。」

 

マ「私好きなのよ。

 ”All Right Now”とか・・・」

 

ja.wikipedia.org

 

そのあと常連の40代サラリーマンが来店して

一緒にロック談義で夜が更けていく。

結局その時はウィスキー2杯で

会計はなんと600円

チャージ無しにしても安すぎる。

 

いい具合に酩酊してホテルに戻った。

 

やー、高知行ったらここも再訪必至だね。

 

「ぽおる」その後

このブログ書くにあたって、

「ぽおる」のお店をべてみたら衝撃的な情報が。

 

https://www.facebook.com/rockcafepaul/

 

2019年8月、お店の2階で

ママが亡くなられたとのこと。

急死です。

 

俺のような一見客でも

ママの人柄やお店の雰囲気に魅せられて

また訪問したいと思ってたのに、

常連のお客さんたちはさぞかしショックだったと思う。

 

葬儀も喪服ではなく、

 

ママをかっこよく送りたいので、

ぜひメタルTを着てきて下さい

 

とご遺族の意向があったとのこと。

ママには素敵なお見送りの場になったことだろう。

 

お店もママの逝去にともなって閉店したらしい。

あらためて、

ママと「ぽおる」の冥福をお祈りすします。

 

合掌。

 

高知市のロックバー「ぽおる」のママのゆるエクセル画イラスト

↑あやしげな記憶で描いたハイブリッドゆるエクセル画。

 

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村


居酒屋ランキング