どかれふのExcel画廊

ユニバーサルツール、MSエクセルの描画ツールで描いた絵を放出中。マウスで描いてるよー。

エクセルでBill Evans

f:id:dokarefu:20191108151344j:image

 

モダン・ジャズピアノの名手

今回はモダン・ジャズの名ピアニスト、Bill Evans

1950年代後半から活躍して、当時は白人ジャズメンは珍しかった中、

Miles Davisの1959年の名盤”Kind of Blue”のセッションにも参加し、名声を高める。

 

この中の”Blue in Green”はMilesのトランペットにBillのピアノが絡み合い、

透明感とクールさが研ぎ澄まされた名演だ。

 

ちなみに同時期にMilesとコラボしていたピアニスト、アレンジャーのGil Evans(ギル・エバンス)や1980年代にMilesバンドに参加する同名のサックスプレイヤーのBill Evansとか

Milesの周りには”Evans”が多くてややこしい

 

黄金の1960年代

1960年代からは自身のピアノトリオを結成して、名演を連発。

ベース Scott LaFaro、ドラムス Paul Motianの編成は「最強のピアノトリオ

と称される。

 

ちょうどその頃にジャズ・レーベル "Riverside"から発表したこの4枚は名盤って言われてる。

 

“Portrait in Jazz”

“Explorations”

“Waltz for Debby

“Sunday at the Village Vanguard”

 

 

このアルバムには”Kind of Blue”でも録音した”Blue in Green”も収録。

これは管楽器無しのトリオ版。

ピアノ、ベース、ドラムスの相互のインタープレイがすばらしい。

 

でも、この絶頂期にベーシストのScott LaFaroが交通事故死。

それ以降はメンバーチェンジしながらのトリオと、

ソロやデュオでの演奏を続けるけど、やっぱ、60年代前半が黄金期だったねぇ。

 

エクセル画のスペック

2019年11月制作。

オリジナルの写真はこちら。

f:id:dokarefu:20191108152501j:image

この髪型とメガネは1960年前後かなぁ。

端正で繊細な風貌だけど、神経質っぽい。

タバコがいい具合にキマっている。

エクセル画復活したころから、この画を描いてみたかった。

パーツ数166

f:id:dokarefu:20191108151531j:image

 

オリジナルはモノクロだけど、カラー版もどーぞ。

f:id:dokarefu:20191108151611j:image

 

薬と酒で早逝

昔からジャズメンは薬と酒で不遇の死を遂げるケースが多いけど

Bill Evansも長年の麻薬禍で1980年9月15日に51歳で死去。

昔の端正な風貌から、晩年は長髪で太り気味なひげ面で不健康感がにじみ出ていた。

Billの写真は口をキリッと閉じているのが多いけど、

薬と酒、タバコで歯がボロボロだったためらしい。

 

Billを慕うPat Metheny とキーボーディストのLyle Maysは命日をタイトルにした”September Fifteenth”を発表。

副題は「Bill Evansに捧ぐ」。

 

(1981年発表。このアルバムの3曲目)

 

Billへの哀悼の意を込めた静かで美しい曲だ。

この1曲のためにアルバムを買った覚えがある(他もいい曲だよ)。

もう40年も前だ。早いねぇ。

 

合掌。

 

f:id:dokarefu:20191108151635j:image

 

 

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村