どかれふのExcel画廊

表計算ソフト、エクセルで描いた画をだらだら放出中。マウスで描いてるよー。

ボサノヴァの巨人、アントニオ・カルロス・ジョビンをエクセルで描いてみた

ボサノヴァの巨人、アントニオ・カルロス・ジョビンのエクセル画イラストキャプチャ版

 

今回は「ボサノヴァの巨人」と言われる

アントニオ・カルロス・ジョビン

エクセルで描いた話。

偶然出来上がった「新Dot画(ぶれ)」もあげてます。

 

 

2回ぎっくり腰やらかした

前回「タカラ焼酎ハイボール」のエクセル画を上げてから

もう1か月たってしまった。

 

実はその直後の10月初旬にぎっくり腰を発症。

痛いのを我慢しながら

「体を動かしたほうがいい」

とのことで体操したり歩き回って

ほぼ治ったと思った2週間後、

2ℓペットボトル6本入りの箱を置いたところ

またギクッときた。

 

前回より軽い痛みだったけどなかなか回復しない。

結局この1か月間、長時間座っているのも苦痛で

マウスも握る気もしない。

 

そもそもこのコロナ自粛生活に入ってから

テレワークで通勤もしなくなって

座る時間は伸びるし体を動かす機会も減る

 

以前は帰宅前にどっかで軽飲みしてたけど

ほとんどツマミを食べてなかったのが

いまは家で晩飯とセットでダラダラ飲んで食べる

「絶対にやめられない」と思ってた

タバコともついに1年前に決別

 

結果、この1年半で体重は5kg増加

健康診断でも以前はセーフの項目が

「要注意」「再検査」に格上げになってしまった。

以前は毎日飲んでた酒も週2日の断酒をする始末だ。

 

コロナ以降、規則正しく健康的な生活をしてたつもりが身体は悪化してきている。

 

どうせならタバコだ

だったら

「タバコでも吸ってやろう

と思ってた時に

このステキなジャケットのアルバムを思い出した。

 

前説が長くなったけど

「ボサノヴァの開祖、巨人」と言われる

アントニオ・カルロス・ジョビン

1970年のアルバム『ストーン・フラワー』だ。

こちらのジャケ写。

アントニオ・カルロス・ジョビンの「ストーン・フラワー」ジャケ写

1970年リリース「ストーン・フラワー」

すごくきまってるねぇ。

そして美味そうだ。

あの香りが漂ってきて

口の中にニコチンのコクが広がってくる。

 

せっかくなんでエクセル画を描いて

気を紛らわせることにした。

 

「ストーン・フラワー」

アントニオ・カルロス・ジョビン

サンバをベースに洗練された新しい音楽

「ボサノヴァ」の開祖の一人とい言われている。

 

1960年代から母国ブラジルで人気を集め

後半からはアメリカでフランク・シナトラなど

ジャズ系ミュージシャンとの共演で世界的な名声を確立していく。

 

日本でもこの曲はスーパーのBMGとかにも

使われていて聞いたことがある人も多いと思う。

 


www.youtube.com

 

こちらは1967年の名盤『ウェーブ(波)』のタイトル曲。

気持ちのいいテンポのほぼイージー・リスニングの世界だ。

海辺でビールを飲みたいなぁ。

 

そしてこの『ストーン・フラワー』

アメリカでの3作目。

前作よりはよりジャズ色が強くなっている。

当時の「クロスオーバー」のトレンドなんだろうなぁ。

 


www.youtube.com

 

これはライト・サンバの名曲でその名も『ブラジル』

カバー曲も多く日本ではCMにも使われたこともある。

 

 

そういえばカルト・ムービーの

『未来世紀ブラジル』のエンディングもこの曲だったなぁ。

 

 

エクセル画のスペック

アントニオ・カルロス・ジョビンの『ストーン・フラワー』のエクセル画イラスト

アントニオ・カルロス・ジョビンの『ストーン・フラワー』のエクセル画

2021年11月制作。

 

音楽モノは実は2020年7月の

アルバート・キング以来だから

もう1年以上のブランクがある。

背景色はオリジナルとは変えてます。

 

 

パーツ数73

 

今回はシルエット主体のエクセル画だから

パーツ数もかなり少なく70台。

犬を描くとだいたい90パーツくらいだけど

それ以下だなぁ。

タバコの煙がうまく出てればよしとしよう。

 

新Dot画(ぶれ)

最近は完成までの途中過程もあげていたけど

今回は途中で区切るほど時間もかかってないので

経過は用意してない。

 

でもこういうDot画が偶然できたのでここにあげときます。

 

偶然の産物の新Dot画、アントニオ・カルロス・ジョビン篇

偶然の産物の新Dot画、アントニオ・カルロス・ジョビン篇

以前使っていたロースペックPCだと

パーツ数が増えていくと処理能力が遅くて

固まる寸前まで行くけど

その時キャプチャを取ったのが↑こちら。

 

このポンコツPCがないと「ぶれ」感が出せない。

また機会があればこの「新Dot画(ぶれ)」

アップしていくのでよろしくです。

このぶれ版、建物より人物画が向いてるかもなぁ。

 

あー、なんか吸いたくなってくるなぁ。

 

アントニオ・カルロス・ジョビンの「ストーン・フラワー」エクセル画額装版

 

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村


洋楽ランキング