どかれふのExcel画廊

表計算ソフト、エクセルで描いた画をだらだら放出中。マウスで描いてるよー。ネタ切れの時は激渋酒場レポートになります。

1976年にロン・ウッド加入のローリング・ストーンズをエクセルで描いてみた

ローリング・ストーンズ「ブラック&ブルー」のエクセル画イラストキャプチャ版

 

 今回はローリング・ストーンズ

1976年のアルバム、「ブラック&ブルー」

ジャケットをエクセルで描いた話。

 

 

ストーンズ初体験レコード

今回は久しぶりのロック・レジェンドもので

ローリング・ストーンズ

1976年発売の

「ブラック&ブルー」のジャケ写から

エクセル画を起こした。

 

 

小学生時代からビートルズを聞いてたけど、

ストーンズは

 

「わかりにくい」「とっつきにくい」

 

感じがあってしっかり聞いたことはなかった。

メロディアスな曲は限られてるし、

メディアでの露出も少なかったしなぁ。

 

で、中学入ったころ、

「ブラック&ブルー」がリリースされて

その1stシングルが

「愚か者の涙」(原題"Fool to Cry")。

 

いきなりアルバム買う財力と

気力もない中坊だった俺は

まずはこのシングルから購入。

これは初めて買ったストーンズのレコードだ。

 

ローリング・ストーンズ「愚か者の涙」のシングルレコード表面

処分せず奇跡的に持っているシングルレコード

 

ローリング・ストーンズ「愚か者の涙」のシングルレコード裏面

裏ジャケ。しょうわふうこぴーがちりばめられた解説もナイスだ。

 

今や1曲150円くらいで

オンラインでも買えるけど、

当時は1曲600円(B面はおまけの扱い)。

物価考えても高かったよなぁ。

 

この曲はR&B系バラードで

途中から入ってくる

ファルセットバックコーラスが

またエモーショナルだ。

ちなみにイントロから入ってくるエレピは

ミック・ジャガーらしい。

 

「ブラック&ブルー」

ローリング・ストーンズ「ブラック&ブルー」のジャケット

 

1960年代後半のストーンズは

ワイルドだったけど

70年代入ってからは円熟期で個人的には一番好きな時代だ。

 

アルバム収録曲は9曲で、

ストーンズ本流のロックンロールもあれば

レゲエやブルース、スローバラードありの

バリエーションに富みつつ

R&B色が濃いアルバムだ。

 

ちなみにアルバムジャケットは

2つ折りで見開くとこんな感じで

メンバー全員の顔がわかる仕様になっている。

 

ちなみに前作の

「イッツ・オンリー・ロックンロール」で

ミック・テイラーが脱退。

 

 

後任のギタリスト探しは

「グレイト・ギタリスト・ハント」

と呼ばれ、

著名ギタリストも候補に挙がった

(ジェフ・ベックとかピーター・フランプトン)。

 

結果このアルバムのセッションにも参加していた

元フェイセズのロン・ウッドに決定して

今に至ることになる。

 

ジェフ・ベックはこのハントやってる頃に

"Blow by Blow"を発表。

(邦題『ギター殺人者の凱旋』。すげぇタイトル)

もしストーンズに加入したとしても

すぐ脱退してたろうなぁ。

 

エクセル画のスペック

ローリング・ストーンズ「ブラック&ブルー」のエクセル画イラスト

 

2019年11月制作。

 

1970年代のストーンズのアルバムは

メンバー全員の顔が出た

ジャケット写はこのアルバムしかないし

お気に入りのアルバムだから

これでエクセル画を描くことにした次第だ。

 

パーツ数342

 

ローリング・ストーンズ「ブラック&ブルー」のエクセル画イラストドット版

 

ついでにバリエーションで

エクセル画でも「ブラック&ブルー」版。

 

ローリング・ストーンズ「ブラック&ブルー」のエクセル画イラストバリエーション

 

ジャケ写に見るPower of Balance

半折ジャケには

ミックとキースのメインどころに挟まれて

「サイレント・ストーン」ことベーシストの

ビル・ワイマンが扱いもずいぶん小さく映っている。

 

裏ジャケにあたる見開き左には、

長年の功労者で今も現役ドラマーの

チャーリー・ワッツを抑えて

加入したばっかりのロン・ウッドが

キース並みのデカさで登場。

期待度がわかるぇ。

 

1990年に入ると

ミックとキースの不仲による

バンド内の雰囲気に嫌気がさしたのと

長年のギャラ含めての扱いの不公平から

ビル・ワイマンが脱退。

 

後任のベーシストは加入しないまま

たまにベスト盤出したりしながら

いまだストーンズは転がり続けている。

 

数年前は脱退したビルやミック・テイラーが

ライブにゲスト出演することもあったけど

ライブはもうしんどいだろうなぁ。

 

現役レジェンドとしてがんばってねー。

 

ローリング・ストーンズ「ブラック&ブルー」のエクセル画イラスト額装版

 

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村


洋楽ランキング