どかれふのExcel画廊

表計算ソフト、エクセルで描いた画をだらだら放出中。マウスで描いてるよー。ネタ切れの時は激渋酒場レポートになります。

エクセルでMiles Davis

f:id:dokarefu:20190825224632j:image

Jazzの帝王登場

(大幅加筆して再掲です)

今回も音楽もの。

昔は「Jazzは長尺で抽象的な音楽」で、

若造の俺には全く理解できなかったんだけど、

大学時代の友人に感化され

初めて買ったJazzレコードが

Miles Davisの"Kind Of Blue"だった。

カインド・オブ・ブルー+1

カインド・オブ・ブルー+1

 

 

"So What"や"All Blues"、"Blue In Green"

といった名演奏の塊だねぇ。

 "Blue In Green"のBill Evansのピアノがクールだねぇ。 

 

元はモノクロ写真

で、この絵は多分モード・ジャズ~エレクトロニック・ファンクに移行するころの

60年代中盤のモノクロ写真をもとに描き起こしたもの。

こちらが元の写真

www.arban-mag.com

シャツは着ているけど地味目だし

スーツないし髪はアフロじゃなから

"Kind Of Blue"以降のMilesと思われる。

 

エクセル画のスペック

2013年9月制作。

ジミヘン描き終わって調子が出たしたから、

もう一丁黒人音楽モノにしようと思えば、

まずはMilesでしょ。

パーツ数は235

f:id:dokarefu:20190825224230j:plain
 
肌や髪の色はある程度想像つくし、
ペットはゴールド、
あとはシャツとアクセサリは
なんとなくで色付けしてみた。
多分、当時のMilesは紫のシャツは着ないと思うけどねー。
 
背景は本体に合わせていくつか試して
結局はグリーンのグラデーションにまとめたみた。
 
やっぱりトランペットと手の絡みが一番大変だったなぁ。
今、見直すと本当は指だったところが、ペットになってたりもするけど、
このままあげさせていただきます。
 
当時はゴールドの色味も苦戦してたんだけど、
エクセルのグラデーション色付けのパターンに
なんとまぁ「ゴールド」があるじゃないですかぁ。
早速、このグラデーションを使わせてもらった。
 

f:id:dokarefu:20190916163531j:plain

「図形の書式設定」>「塗りつぶし」>「グラデーション」>「標準スタイル」で出てくる

ゴールドは自分でカラーバーから色を選ぶのは至難なので、

このグラデーションパターンは重宝している。

次の音楽モノ

黒人音楽モノが続いてきたので、しばらくお休みの予定。

Marvin Gayeや、日本じゃ知名度低いけど

Curtis Mayfield

Bobby Woomack

あたりも行きたいけど、このへんは未着手だから

しばらく先になりそうだな。

メジャーなMichael Jacksonは

うまくできる自信がないからやめときます。

 

当分居酒屋やペットものが続く予定なのでよろしくー。

 

f:id:dokarefu:20190825224154j:plain

 
 
 

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村