どかれふのExcel画廊

表計算ソフト、エクセルで描いた画をだらだら放出中。マウスで描いてるよー。ネタ切れの時は激渋酒場レポートになります。

もんじゃだけじゃない。月島の老舗酒場「岸田屋」をエクセルで描いてみた

今回は東京三大煮込みの一つで

名居酒屋の岸田屋」をエクセルで描いた話。

 

もんじゃ焼きの街

今回は東京は中央区

「もんじゃ焼き」で有名な月島にある

大衆酒場「岸田屋」だ。

 

その中心地、「もんじゃストリート」は

400mほどのスーパーや銭湯、

パチンコ屋もあるアーケード商店街で

通りの半分以上がもんじゃ焼き屋が密集している。

 

最近は隣の佃島に倣ってか

「タワマン」も隆起してきていて

昔ながらの電気屋、八百屋といった商店は減少。

「もんじゃ」比率はさらに高まっている。

 

大衆酒場「岸田屋」は月島駅から行くと

「もんじゃストリート」が終わるあたりの

結界ゾーンにが鎮座する。

 

明治33年(1900年)創業だから、

もう120年やってる老舗だ。

 

tabelog.com

 

東京三大煮込み

「岸田屋」が有名なのはその煮込み。

 

千住 「大はし」

森下 「山利喜」

 

と並んで「東京三大煮込み」と称されている。

 

「大はし」:「煮込み」というよりは「肉豆腐」。

 かなり味が濃くて甘しょっぱい。

 

「山利喜」:材料にブーケガルニやワインも

 投入したフレンチ系煮込み。

 

「岸田屋」:味噌も入った濃厚なたれで煮込んだ

 牛臓物てんこもり。

 

と、店によって特徴が出ている。

 

「大はし」は一皿の盛は

ほんのちょっとしか出てこないけど

「岸田屋」は結構量が多い。

 

俺なんか一人で行くと

煮込みだけで腹いっぱいになるから

基本はスルーの時が多いけど

名物なんで機会があればお試しください。

 

行列必至の人気店

このコロナ対応で不明だけど

平常時は17時開店。

 

でも17時だとまず座れない。

以前の職場が「中央区の辺境」、

勝どきにあったから

仕事を早め撤収で

16時半頃から開店待ちすると

17時の初回ローテーションでの入店が可能だ。

開店までは店席の丸椅子に座って待つ。

 

f:id:dokarefu:20200515020418j:plain

この椅子に座って待つ。

開店と同時に満席になるから

出遅れたらこの椅子に座って待つしかない。

 

先客が帰ったからといって

勝手に店に入ってはいけない。

ここは声がかかるまでじっと外で待っておこう。

 

入って左側は「コの字」

(入り口から見ると「U字」)カウンターに

右側は壁に向かっての横一列カウンター。

テーブルはない。

20名ちょっとで満員だ。

コの字カウンターに座れればラッキーだ。

 

お店は、大女将とその娘さんで回している。

 

先代の大将が亡くなった後は、

板前さんも雇ったらしいけど、

今は板さんがいないから、

刺身の生ものは基本出してない。

 

店内はこんな感じの飴色の世界だ。

 

f:id:dokarefu:20200515184228j:image

 

店内にはTVがあって

平常時なら大相撲や野球中継も流す中

みんなまったりいー感じで飲んでいる。

 

テーブルが無いから

大人数グループが来ないし

話し声も穏やかだ。

一人飲みの客率も高くて落ち着くねー。

 

店外では何人も待ってたりするけど

暖簾で目隠しされてて

プレッシャーを全く感じさせないで

飲ませてくれる素敵な酒場だ。

 

19時半~20時頃に行くと

一巡目の客がはけるから

待たずに入店できる時もある。

 

エクセル画のスペック(画はここから)

月島の居酒屋「岸田屋」のエクセル画

 

大手を振って飲みに行けた時代を懐かしみつつ

老舗名店を描いてみた。

 

2020年5月制作。

 

パーツ数583。

 

月島の居酒屋「岸田屋」のエクセル画ドット版

 

お店はアーケード商店街沿いだから

全体の外観は描けず入り口周りに特化。

 

はっきり言って

暖簾が描けるかどうかにかかってる。

 

なんかうまく行ったみたいだな。

丸椅子の上の座布団も地味に

手間かかったりしたけど。

 

ここも壁メニュー

カウンターにはメニューは置いてなくて

飴色化した壁に貼られた木札のお品書き見て発注。

「名店仮説」に合致してる。

 

f:id:dokarefu:20200516120516p:image

 

日本酒の品揃えは複数あるものの

正直弱いかな。

 

一人で行くと、ビール1本に、焼酎割もの2杯。

つまみは、おひたしとか小鉢と焼か煮魚。

くさやも置いてる。

 

ここでも誰かが頼むと

便乗してオーダーが入るから

店内は一挙に芳醇・濃厚なくさや臭に満ち溢れる。

 

おにぎりや蛤の汁物もあるけど、

腹いっぱいで打ち止め。

3000円代のお会計の時が多い。

 

コロナ、早く落ち着いてほしい。

 

酩酊したい。

 

月島の居酒屋「岸田屋」のエクセル画額装版

 

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村


居酒屋ランキング