どかれふのExcel画廊

ユニバーサルツール、MSエクセルの描画ツールで描いた絵を放出中。マウスで描いてるよー。

エクセルで松田優作@探偵物語

f:id:dokarefu:20191102010649j:plain

 

没後30年の名優

今回は1989年11月6日に夭逝した名優、松田優作

1970年代アクションスターの強力アイコン。

まもなく没後30年だ。

ハリウッド映画「ブラック・レイン」で殺人鬼演じた後、

40歳で亡くなった。

 

 

若い人には松田龍平&翔太兄弟のオヤジのほうがわかりやすいかな。

生きていれば70歳。早すぎたなぁ。

 

もともとは「太陽にほえろ」でマカロニ(萩原健一)亡き後の

2代目若手刑事の「ジーパン」役でメジャーデビュー。

その後傷害事件で一時干されていたけど、

テレビでは「俺たちの勲章」や「西部警察」の前身の「大都会PartⅡ&Ⅲ」、

映画では「人間の証明」や大藪春彦の「蘇る金狼」のハードボイルドシリーズで

アクション俳優に磨きをかけてきた。

 

TV版「探偵物語」

40年前の1979年のTVドラマ「探偵物語」(映画じゃないほう)で

TVドラマ初の単独主役(「俺たちの勲章」は中村雅俊とW主演)。

これはタイトル通り刑事ものじゃなくて探偵もの。

松田優作演じる工藤俊作は黒スーツにソフト帽にサングラス。

乗り物はヴェスパに乗ってベルトは使わずサスペンダー、

コーヒーのブレンドにやたらこだわりがあって

牛乳好きだけどブラックでしか飲まないし

午前中と日曜日は仕事をしない・・・

ハードボイルド並みにやたらこだわりあるけど、

ドラマではアドリブのセリフがちりばめられ

よくしゃべるコミカルな探偵だ。

 

 

今回はその工藤俊作演じた時の松田優作だ。

www.discogs.com

 

刑事役には強面だけどなんか憎めない服部刑事役の成田三樹夫

強烈な肩こり持ちで金づちで肩たたきしながら

くどぉーちゃぁ~ん」のセリフがお約束だ。

japaneseclass.jp

 

成田三樹夫も松田優作逝去の翌年の1990年に55歳で没。

俺と年変わんないじゃん。

全盛期はヤクザものや悪代官の悪役多かったから

生きていたら「アウトレイジ」シリーズに出てたんだろうなぁ。

 

エクセル画のスペック

2019年11月制作。

パーツ数210

f:id:dokarefu:20191102003154j:plain

 

工藤俊作のもう一つのこだわりが、

タバコ着火時のライターの巨大炎

俺も若い頃はこれ真似て、すぐガスは無くなるし

よく前髪を焦がしたもんだ。

middle-edge.jp

 

で、バリエーションで炎越しのバージョンも追加。

f:id:dokarefu:20191105132541j:image

 

生き続ける工藤俊作

ドラマ「探偵物語」は放送時の視聴率は最初は20%越えも

どんどん低下し最後は10%前半くらいで

「成功作」扱いはされてなかったらしい。

その後CSやローカル局の再放送や

「探偵物語」をベースにしたCMあったり

キムタクやとんねるず・石橋がパロディでオマージュあったりで

工藤俊作像は脈々と生き続けている。

 

松田優作も晩年は「演技派」としてシフトチェンジして

映画版「探偵物語」あたりから

眉間の皺も抑えて柔和な顔つきになってきて

それはそれで味わいあるいい雰囲気だったなぁ。

(龍平はかなり似ていると思うなぁ)

 

ま、今日はちょっと早いけど、没後30年を偲んで

俺が一番好きだったころの松田優作画とさせていただきます。

 

黙祷。

f:id:dokarefu:20191102010626j:plain

 

 

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村