どかれふのExcel画廊

表計算ソフト、エクセルで描いた画をだらだら放出中。マウスで描いてるよー。ネタ切れの時は激渋酒場レポートになります。

ソウルの巨人、カーティス・メイフィールドをエクセルで描いてみた

ソウルの巨人、カーティス・メイフィールドのエクセル画イラストキャプチャ版

 

今回はソウル界の巨人で

シンガー、ギタリスト&コンポーザーの

カーティス・メイフィールドをエクセルで描いた話。

 

 

これでブログ101本

今年で2本目のエクセル画で

通算101本目のブログ。

そしてこれまた若い人には全く刺さらないだろう

カーティス・メイフィールド

 

最近PVが伸び悩んでるんだけど

知り合いから 

 

「だったら万人受けしそうなの

描けばいーんですよ」

 

と至極まっとうなアドバイス。

 

「ちなみに何がいいんだ?」

 

と聞いてみたら、

 

「まぁ、アナ雪ですかねー。

オラフでもいーんじゃないすか。

あと、中井貴一キャップ流行ってるし

音楽なら髭男あたりとか」

 

と躊躇するよーなレコメンド。

 

そもそもエクセル画で

アニメ描いたらただのコピーだし

「髭男」知らないし

見ても区別がつかない。

 

いまいち描く気が起きないので

まったく時流に合致してない、

これまた逝去人だけど

描きたいミュージシャンでいきます。

 

「ニュー・ソウル」

そんなわけで今回は1970年前半に

ニュー・ソウルの旗手」と言われた

カーティス・メイフィールド

 

今となっては

全く「ニュー」じゃないけど 、

60年代はモータウン系の

色恋沙汰歌っているR&Bが主流だった中

人種差別やベトナム戦争といった

社会問題をテーマにした

意識高い」系黒人ミュージシャンが

ニュー・ソウル」と呼ばれた。

 

ちなみに「ニュー・ソウル」を検索すると、

今の時代は韓国料理屋、韓国のホテル

といったものしか上位に出てこない。

 

カーティス以外に

"What's Going On"以降のマーヴィン・ゲイ

スティービー・ワンダー、

ダニー・ハサウェイ、

ロバータ・フラックなど。

 

音的には

ビートやリズムを強調するよりも

メロディアスな曲が多いのが特徴だ。

 

カーティス・メイフィールド

もともとは黒人ボーカルグループの
「インプレッションズ」の
シンガー&ギタリストとしてデビュー。
 
ソングライターとしても秀でて、
ジェフ・ベック & ロッド・スチュアート
カバーした"People Get Ready"といった
名曲も多数。
 
 
↓このアルバムに入ってます。
 

 
「ミュージシャンズ・ミュージシャン」
として
同業者からのリスペクトを集める。
 
こちら元絵になったカーティス。

 

カーティス・メイフィールドの画像

 
ソロになった1970年以降は、
ブラック・ムービーの傑作
「スーパーフライ」の映画音楽(作詞作曲演奏)や
プロデューサーとしても活躍。
 

 ↑売人の話です。タイトルは「スゲーカッコイイ」的な意味。映画もナイス。でも、入手困難。

 
ワウワウ使ったリズムギターにコンガで
ファンク系にも多大なる影響を与えた。
とにかくカッコイイ。
 
個人的にはこのへんのアルバムがおススメだ。
 
 

エクセル画のスペック

ソウルの巨人、カーティス・メイフィールドのエクセル画イラスト

 

2020年1月制作。

 

パーツ数512

 

この3分の1はギターのパーツだ。

昔に比べたら

ギターも上手く

描けるようになったもんだなぁ、

と自画自賛。

 

ソウルの巨人、カーティス・メイフィールドのエクセル画イラストドット版

 

晩年のカーティス

カーティスは1990年に

コンサート会場の事故で

半身不随の身に。

 

まるで八代英太(元司会者・元参議院議員)みたいだ。

 

gossip-history.com

 

そして1999年に病死。

享年57歳(俺と同年代だ)。

もう没後20年たったんだなぁ。

 

1999年には「ロックの殿堂」入り。

ローリング・ストーン誌の

「最も偉大な100人のシンガー」40位、

最も偉大な100人のギタリスト」34位

すごいよなぁ。

 

あらためて合掌。

 

ソウルの巨人、カーティス・メイフィールドのエクセル画イラスト額装版

 

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村


洋楽ランキング