どかれふのExcel画廊

ユニバーサルツール、MSエクセルの描画ツールで描いた絵を放出中。マウスで描いてるよー。

エクセルでRy Cooder

f:id:dokarefu:20191030224421j:plain

ボトルネック・ギター名人登場

今回は久しぶりの洋楽もの。

Ry Cooder

知らない人は全く知らない

でも好きな人は大好きな職人型ギタリスト&シンガー。

もともとはボトルネック・ギターの名手として

Rolling Stonesの"Sticky Fingers"とかDoobie Brothersの

スタジオミュージシャンとして名をはせた。

 

(この8曲目の"Sister Morphine"でRyのギターうなってるよー)
 

1970年にソロデビューしてからコンスタントにアルバムも出してるけど、

個人的にはスライドギターをギュイギュイ弾いてた70~80年代が素敵だなー。

 

「通好み」ギタリストのポジショニングだったけど、

なぜか1988年にサントリーのバーボンの「アーリータイムズ 」の

CMに曲じゃなくてRy Cooder本人が主役として出演したこともある。

 

"Bop Till You Drop "

で、一番好きなアルバムがこれ。

 

 

1979年リリースの7枚目のアルバム、"Bop Till You Drop"。

やー、もう40年前のアルバムになったよー。

邦題は「バップ・ドロップ・デラックス」。

微妙に原題と違うけど、響きがいーねー。

70年代の洋楽は邦題つけるのが当たり前で、

プロモーションの都合上かイメージからか、

全く違うタイトルのものも多かったね。

(同じ年に発売のChristoper Crossのデビューアルバムは、

まんま"Christoper Cross"だけど、「南から来た男」だし。)

 

 

"Bop Till You Drop "は

Elvis Presleyも歌った"Little Sister"からスタートして

最後はゴスペル風バラードの名曲"I Can't Win"の全9曲。

全てカバー曲。

4曲目は唯一のインストでスライド尽くしの

"I Think It's Going To Work Out Fine"。

オリジナルはIke & Tina TurnerでこてこてR&B。

Linda Ronstadtもカバーしてるけど

Ryのバージョンがゆるいグルーヴ醸し出して心地いい。

 

リードボーカルもやってるけど、

ラストの"I Can't Win"のリードボーカルはRy Cooderアルバムの

常連シンガーBobby King

ハイトーンボイスにバッキングに徹したギターで黄昏ムード満載だ。

名曲だ。

 

曲もよければジャケもイイ。

バックの紫っつーかピンクにブルーのギター

かっこいいねぇ。

ジミヘン以降、しばらくギター描いてなかったけど、

エクセル画枯渇だし、着手してみた。

 

エクセル画のスペック

2019年10月制作。

パーツ数331

 

f:id:dokarefu:20191031001645j:plain

半分以上がギターのパーツだ。
ギターのボディは曲線主体だからガタガタになりそうだったけど
ちまちま手振れを修正しながらなんとか完成。
 

「パリ・テキサス」もいーねー

このアルバムはR&B系の曲でまとめてるけど、
ハワイアンやオキナワン、キューバの
エスニックミュージック取り上げたり、
Blues、Tex MexやOld Jazzテーマのアルバムあったり、
とにかく幅広い。
1980年以降は映画のサントラが主戦場になってきて、
ヴィム・ベンダースの「パリ・テキサス」が有名。
 アコースティック・ギターにボトルネックで荒涼・寂寥感を醸し出している。
 

 
2000年以降のアルバムは正直あんまり聴いてないなぁ。
また映画のサントラやってくれればいいけどねー。

f:id:dokarefu:20191031001714j:plain 

エクセル画鋭意制作中。

 
 

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村