どかれふのExcel画廊

表計算ソフト、エクセルで描いた画をだらだら放出中。マウスで描いてるよー。ネタ切れの時は激渋酒場レポートになります。

エクセルで小料理「土筆」@京都

f:id:dokarefu:20190915011852j:image

京都のど真ん中の穴場酒場

 

こちら京都の居酒屋とゆーか小料理屋「土筆(つくし)」。

三条から四条にかけての高瀬川と河原町通の間に鎮座。

 

ここ数年京都に行く機会があったんだけど、

飛び込みで入ってみたらアタリのお店で京都に行けばお邪魔している。

 

 

 

こちら実際のお店。

 

f:id:dokarefu:20190901235830j:plain

 

初訪の時は、角打ちで1軒ひっかけてから、

行く当てもなくぶらぶら高瀬川あたりを放浪してた時偶然発見。

 

京都だし、店内見えないし、

 

「結構やられるかなぁー」

 

と思って躊躇してたんだけど、手書きのお品書きに

 

おでん(三品)500円

 

って書いてあるじゃないですかぁ。

まー、最初は様子見で軽めに行ってみようと飛び込み入店。

 

小上りはあるけど荷物置き場的になっていて、

実質8席ほどのカウンターのみのお店。

 

料理は冬場は注文が入るたびにあたためてくれるおでん

(おでんの大鍋は場所をとるし手入れが大変だからやめた、とのこと)に

通年では「おばんざい」の小料理屋だった。

 

 

エクセル画のスペック

2019年1月制作。

 

お店物はだいたい「入り口」周りから描きだす。

まー、人の顔と一緒ですな。

その後は外壁や小物、道路に手を付けて、

最後は灯りと看板系。

看板入れれば画も締まるから、

最後の楽しみに残している。

 

赤羽の「まるます家本店」描いたときは、

エアコンの室外機まで描いたけど、

今回は放射状のタイルにノックアウト寸前で

そこはやめといた。

 

店外の電飾看板とのれんの水墨チックな波模様&屋号の筆文字、

気合入ったねぇ。

やっぱ、おいしいところは最後に残しておいた。

 

パーツ数663。

 タイル物は今までも苦行してたんだけど、思ったより少なかったなぁ。

f:id:dokarefu:20190901235900j:plain

京都の八千草薫か

シルバー層主体の常連に

たまに若いカップルも来て結構にぎわっている。

 

一人でぼーっと飲んでると

大女将や女将が適度に構ってくれて退屈しない。

常連は大学関係者も多いみたいで、

酔いながらアカデミックな話で盛り上がってたりする。

 

数年前、吉田類の酒場放浪記にも出たとのことで、

「吉田さんの番組見ていらはりましたん?」と聞かれた。

 

月に数組は今だに類フォロワーが来店してくるらしいけど、

客筋もよく基本穏やかな雰囲気でじっくり飲める店だ。

 

80過ぎと思われる京ことばがきれいなの大女将と

常連からは「八千草薫」似と評判の(たぶん60代と思しき)元先生の娘さんの2

人で切り盛りしている。

 

京都は高めのお店が多いけど、ここは3000円ちょっとくらい。

 

この店アタリだよー

 

次の京都の時は額装した絵を持っていく予定だけど、

いつ行けるかなぁ。

f:id:dokarefu:20190901235822j:plain

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村