どかれふのExcel画廊

表計算ソフト、エクセルで描いた画をだらだら放出中。マウスで描いてるよー。ネタ切れの時は激渋酒場レポートになります。

エクセルでデニーロ@"Taxi Driver"


f:id:dokarefu:20190901214703j:plain

 

40年以上前のデニーロ出世作

前回"JOKER"でも書いたけど、

こちらロバート・デニーロの40年前の出世作。

今の時代ならJOKERなってもおかしくない

都会の孤独者の話だ。

 

www.dokarefu.com

 

 

マーティン・スコセッシが監督、

ロバート・デニーロ主演、

ハーベィ・カイテル助演

とゆー70年代のトロイカ体制映画。

 

デニーロは「ゴッド・ファーザー Part2」で脚光浴びた後の1976年作品。

 

 

タクシードライバー (字幕版)
 

 

ベトナム戦争帰還兵のタクシー運転手トラヴィスが

都会の孤独の崖っぷちでどんどんおかしくなってくる

今だったらJOKER一直線の状態かもしれない。

 

まっとうなのか病んでるのかわからない

危ない雰囲気ぷんぷん放出するデニーロの演技がすごい。

これはモヒカンにしてキレた状態のトラヴィス。

f:id:dokarefu:20191005230203j:plain


ネタ元はこちら。

www.pinterest.de

 

後半に出てくるこれまた70年代NYモノに欠かせない

ハーベィ・カイテル演じるポン引き”スポーツ”も強烈なインパクトだ。

ちなみに当初の役は上院議員候補だったけど、

自分からスポーツ役を志願したようだ。

当時14歳のジョディ・フォスターは売春婦役で衝撃のデビュー作になった。

 

デニーロはその後

「ディア・ハンター」で影を持ったヒーロー役が定番になりつつも、

タランティーノの「ジャッキー・ブラウン」でのダメな売人や

ロバート・ロドリゲスの「マチェーテ」の悪徳議員役なんかでも

いいサブやってたりもする。

エクセル画のスペック

2013年7月制作。

この頃はジミヘン、マイルスを描いた後くらいで、

なんとなく「次はデニーロ」と決めていた。

 

この映画でもいろんなシーンがあるけど、

なんといってもこのクレイジーモードのトラヴィスがインパクトがある。

 

こちら崖から転落しかかってる頃のトラヴィス。

www.1843magazine.com

 

難航すると思われた顔周りは

予想外にスムーズに決まったけど、

銃は黒で元写真も暗い。

苦手な手、指周りもあるしなぁ。

 

「まー見える通りに描いてみよう」

 

でやってみた。

 

直線型フリーフォームもうまく使えず、

この画は全部マウスのフリーハンドでできている。

マウスだと、途中で左クリックから指から離れると

線は途切れるし、

手首が動くと線も飛ぶ。

ほぼ一筆書き状態だったから、何度も描き直しがあった。

 

パーツ数81。

今思えばかなり少ないけど、一筆書きだからそんなもんかなぁ。

 

 こっちはバリエーション。

f:id:dokarefu:20191007234648j:plain



テーマ曲はTom Scott

音楽は都会の夜景に見事にマッチしたバーナード・ハーマンで、

メインタイトルはトム・スコットのサックス。

 

オープニングだけで見事な世界観にノックアウト。

70年代NYのアヤシく退廃した匂いが漂ってくる。

 

DVDについているメイキングには

ハーベィ・カイテルのスポーツ役の顛末とか撮影秘話があって

この映画好きならおススメです。

 

f:id:dokarefu:20190901214840p:plain

 

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村