どかれふのExcel画廊

表計算ソフト、エクセルで描いた画をだらだら放出中。マウスで描いてるよー。ネタ切れの時は激渋酒場レポートになります。

キレてる映画で話題になった「ジョーカー」をエクセルで描いてみた

今回は都会で孤独と貧困の中

ハンディキャップを抱えるホアキンが

ジョーカーになった姿をエクセルで描いてみた話。

 

狂気のダーク・ヒーロー誕生のお話

2019年10月4日から

ジョーカー」が日本で公開

「ハングオーバー」のトッド・フィリップス監督。

 

「アカデミー賞受賞まちがいなし」と

前評判が高い。

 

アメリカでは映画館が

「子供に『ジョーカー』を見せないように。

バットマンは出てきません」

と警告するほど話題(?問題)作になっている。

 

「ジョーカー」はバットマンの 

ヴィラン=敵役として

クリストファー・ノーランの

「バットマン」シリーズ

名作「ダーク・ナイト」(2008)でも

強烈なキレキャラだった。

 

 

この時のジョーカー役は、ヒース・レジャー。

公開直後に薬物過剰摂取で28歳で急死。

でも、このジョーカー役で

アカデミー助演男優賞を獲得している。

 

今回はジョーカーは主役だし

ホアキンはアカデミー主演賞があるかもしれないな。

(結局主演賞は「ボヘミアン・ラプソディ」の

ラミ・マレックだった)

 

ノーランの「バットマン」シリーズは、

2005年の「バットマン・ビギンズ」からはじまって

そのあとの「ダークナイト・ライジング」(2012)

で3本で打ち止めになっている。

 

 

 

ヒース・レジャー亡き後は、

映画ではジョーカーの気配は感じつつ

もう出番がないかなぁと思っていた。

 

予告編観た時は

ヒースが演じてんのかと思ったくらいの

キレッぷり。

 

ジョーカーになるまでの日常を演じている、

ホアキン版は深みと闇がある。

 

さくっとあらすじ

この「ジョーカー」、監督は違うし

キャスティングも一新されているから

全く別物のスピンオフと思いきや

しっかり「ダーク・ナイト」シリーズの

ストーリーにつながってくる正統派だ。

 

バットマンシリーズ同様、

不景気、財政危機による失業者増大、

福祉サービス低下、治安悪化の

大都会「ゴッサム・シティ」が舞台。

 

街の雰囲気やTVの画面から

70年代後半~80年代前半の時代設定かな。

 

急に笑い出し、止まらなくなってしまう

精神疾患を抱えながら母の介護を続け

日雇いのピエロの仕事をしている

アーサー(ホアキン・フェニックス)が主人公。

 

貧しく都会の底辺で

コミュニティとの接点も少ない中暮らしている。

 

でもアーサーは、お笑い好きで

コメディアンになるのが夢だ。

 

仕事でへまをやらかしクビになった夜

地下鉄で酔っ払いの

証券会社勤務エリートサラリーマン3人からまれ

反射的に射殺してしまう。

 

この事件をきっかけに、

貧富の拡大に不満を持つ市民らのデモが発生し

社会不安も増大してくる。

 

警察の捜査も迫ってくる中

自分の出生と母の過去の秘密を知ってから

 

「周りを楽しませる」

 

んじゃなくて

 

「自分が楽しめばいいんだ」

 

に覚醒しキレていく。

 

アーサー視点でのシーンは

妄想と現実が入り混じっているから

どれが事実なのかはわからなくなってくる。

 

途中には、その後の天敵、

バットマン幼少時のブルース・ウェインとの

邂逅シーンも出てくる。

 

そんな中、アーサーのアイドル、

スタンドアップ・コメディアンで

TVのトークショーのホストを務める

マーレー・フランクリン(ロバート・デニーロ)の

番組からゲスト出演の声がかかる。

 

 その後は、ジョーカー誕生まで一直線だ。

 

エクセル画のスペック

2019年10月制作。

 

f:id:dokarefu:20191005111456j:plain

 

元ネタはポスターでも使われているこちら。

 

www.youtube.com

 

直線パーツは無しの全てフリーハンド。

 

パーツ数は90

かなり少ない。

まぁ、首から上だけだし顔半分だし。

 

公開日の4日に観て帰宅後の22時に描きだして

24時にはほぼ出来上がったから

「孤独のグルメ Season 8」に間に合ったくらいだ。

 

f:id:dokarefu:20191005111449j:plain

 

デニーロが演じた役柄の現代版か

脆い精神状態を抱えた孤独な都会の生活と言えば

1976年の「タクシー・ドライバー」

(マーティン・スコセッシ監督)。

ロバート・デニーロの代表作の一つだ。

 

当時のデニーロもアーサーのように

都会の底辺に暮らすトラヴィスを演じていたけど

ジョーカーでは成功者、マーレー・フランクリン役。

 

どんな役回りも存在感あるねぇ。

デニーロ出ている映画は

ハズレないと個人的には思ってる。

 

 

ちなみに、デニーロのこれまた昔の映画で

同じくスコセッシ監督の

「キング・オブ・コメディ」(1982)ってのが、

ジョーカーの設定にもかなり近い。

 

 

こっちも、コメディアンになりたくて、

有名コメディアンのホストを誘拐して

番組乗っ取ってしゃベりまくるルパート役やってます。

ここでの、デニーロのスタンドアップトークも圧巻。

見て損はない。

 

ここでのルパートはジョーカーにはならず

人気者になりました。

 

こう考えるとジョーカーは

昔デニーロが演じた役柄の現代版がジョーカーなんだろうなぁ。

 

f:id:dokarefu:20191005115136j:image

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


映画(全般)ランキング