どかれふのExcel画廊

表計算ソフト、エクセルで描いた画をだらだら放出中。マウスで描いてるよー。ネタ切れの時は激渋酒場レポートになります。

エクセルでDe Chirico〜通りの神秘と憂鬱

f:id:dokarefu:20191005115936j:image 

エクセル世界名作模写劇場


今回は初の油絵名画模写篇。

以前、「マツコ@モナリザ風」上げたけど、

今回は完全模写もの。

 

www.dokarefu.com

 

エクセル画を復活したころ、知人に

「俺好きな絵があるんですけど、

エクセルで描いてもらえないですか?

急がないから(←当たり前だ)時間ある時でいいっす。

お礼に飲みご馳走しますよ。」

と魅力的なオファー。

断る理由はない。

 

巨匠デ・キリコとは

原作は1914年にイタリア人画家、ジョルジョ・デ・キリコが描いた
「通りの神秘と憂鬱」。

 

www.musey.net

 

デ・キリコの作品集の表紙にもなっている。

GIORGIO DE CHIRICO

GIORGIO DE CHIRICO

 

 

俺は全く詳しくないんだけど、

キリコは「形而上絵画派の開祖」「シュールレアリスムの先駆け」

とも言われる巨匠だ。

 

この絵の遠近法は消失点がずれていて、

見ていると不思議な感覚になる。

夕方、子供が車輪回しをしながら遊んでいる後ろ姿は、

なんかうすら寒さも感じさせる。

 

エクセル画のスペック

で、そんな巨匠の名作を酒につられてエクセルで描いてみた。

2013年12月制作。

 

「マツコ@モナリザ風」の時と同様、

油絵の質感は全く無理だけど、色味と構図だけはできるだけ

忠実にやってみたつもり。

パーツ数205

f:id:dokarefu:20191004001322j:plain

こうやってみると、かなりシンプルなパーツ構成だ。

 

原作とならべてみよう

f:id:dokarefu:20191004001615j:plain

原作のビビッドな色使いはなんとか近づけられたけど、

濃淡やかすれ具合は難しいなぁ。

でも、ちょっと見、どっちが原作かわかんないくらいできたかな。

 

この頃は、エクセルの描画ツールの「フリーフォーム」も使いだしたから

直線周りは、ガタガタしないで描けた。

 
名作模写物は、これ以前に国宝の屏風絵を描いたのもあるけど、

それはまたあらためて。

 

↓はサービスカットで、原作に申し訳ないけど、ちょっといじってます。

f:id:dokarefu:20191004003007j:plain

まちがいさがし

 

ちなみに、

「お酒御馳走しますよ」のオファーは

うやむやになってまだ実行されていない

f:id:dokarefu:20191004001302j:plain

 

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村