どかれふのExcel画廊

表計算ソフト、エクセルで描いた画をだらだら放出中。マウスで描いてるよー。ネタ切れの時は激渋酒場レポートになります。

【番外】激渋酒場 - 三兵酒店(角打ち)@池袋西口せんべろ飲み

f:id:dokarefu:20191228225225j:image

池袋西口、三兵酒店

 

池袋自体は近年再開発やらで東口は区役所が

新設されたり、

西口も西口公園(かつてのIWGP)や

芸術劇場まわりが整備されたりで

昔のいかがわしさ、「アブナイ街」のイメージは

どんどん払しょくされてきている。

年によっては「住みたいまち街No.1」になったり、

なんかの間違いなんじゃないかとゆーくらい、

人気が上昇している。

 

西口の北側は風俗店も徐々に排除されつつ

あるけど、

いまだラブホあったりで、

まだ昔の「隠微さ、アヤシゲさ」が残存している

ゾーンだ。

 

もう少し先の、これまた地味な東武東上線

「北池袋」方面は今や中華大陸系の

全く日本人向けじゃない

ネイティブチャーニーズ料理店が密集してて、

これまた非日常的なエリアになっている。

 

で、その西口の非チェーン系の居酒屋が

比較的多く残っている文化通りと

西一番街の交差点にある角打ちが

三兵酒場だ。

 

tabelog.com

 

今ではレアな角打ち

 

西口には桝本屋酒店とゆー正統派の酒屋主体の

角打ちがあったけど、

2018年1月で惜しくも閉店。

つまみは渇きモノしかないけど、

チョイ飲みしてから次に向かう

出陣基地としては最高の酒場だった。

1000bero.net

 

ちなみにこの写真はたまたま最終営業日に

行った時の桝本屋酒店。

惜別する酒飲みが大挙して押しかけていた。

f:id:dokarefu:20191228225310j:image
f:id:dokarefu:20191228225307j:image

 

その桝本屋酒店亡き後は、

池袋はもう角打ちはないかと思って

端からあきらめて西口すぐにある

池袋の老舗酒場「ふくろ」で

ひっかけて帰ることが多かった。

 

tabelog.com

 

ここは朝から飲めて、なんとハッピーアワーは

朝8時から昼11時までで、生ビール200円

早すぎるよ。

ちなみにサンシャイン方面の東口にもあるけど、

池袋らしいムード、客層はこの本店の圧勝。

日が高いうちから泥酔状態で店員のお姉さんに

嗜められる歯のない諸先輩に遭遇できたりもする。

 

存在感極薄、店内濃厚な角打ちエントランス

で、「ふくろ」以外に早く飲める店ないかと、

ぶらついてたら

偶然西口の一角で三兵酒店を発見。

 

表通りの平和通りからは見た目こじんまりした

小売りの酒屋だから、

今まではその前を素通りするだけだった。

f:id:dokarefu:20191228225349j:plain

こちら小売りコーナーの平和通り沿いの外観。ただの酒屋だ。

でも、平和通から西一番街のアーチをくぐると、

なんとゆーことでしょー、

裏口とゆーか横口に「MOKKIRI CORNER」の

看板が。

MOKKIRI = もっきり、いわゆる角打ちだ。

f:id:dokarefu:20191228225415j:image

 

変にローマ字表記にしなくてもいいのにねぇ。

今となっては池袋でも希少価値の

角打ちだったんだねぇ。

 

自販機の存在感強くて、角打ちコーナーは

小売りゾーンの一角か倉庫と思う風情。

でも、よく見るとつまみのメニューが見えて

大体が200円台。

で、飛び込みで入ってみた。

 

大量のメニュー短冊

店は立ち飲みオンリーで

左右両サイドカウンターで、

10人入るとかなりの混み具合になる。

表の小売エリアと角打ちの厨房は

中でつながっていて、

大将は両サイドのお店を一人で回している。

角打ちは15時スタートで24時まで。

早い時間からも暖機運転させてくれてありがたい。

 

つまみは100~300円台でメインは200円台。

渇きモノは50円のものもある。

とにかく安い。

f:id:dokarefu:20191228225446j:image

 

1番人気は「じゃがカレー200円」。

どうやらカレールーに大きいジャガイモが

入ってるらしい(未食)。

カウンター奥には缶詰コーナーもあって、

そこにあるホワイトアスパラ缶が400円で

一番高そうだけど、

1缶だけ残っていてかなりのベテラン感を

放っている。

f:id:dokarefu:20191228225513j:plain

写真左上で隠れているところに超高級缶詰ホワイトアスパラ(400円)が鎮座。

カンター内には文字も小さいし密度も高い

お品書きがカオス状態で乱立。

右側には「本日のオススメ」もあるけど

読めません。

時期的にもボジョレーヌーボー380円が

複数ディスプレイされる

ヘビーローテーションメニューだった。

 

カウンター内にはガス調理器はなく、

加熱物はすべて電子レンジ。

注文入ってからマスターが

冷蔵庫から仕込み済みの食材を

皿に盛ってチンして提供。

会計はキャッシュオンデリバーの都度会計型。

 

飲み物は大瓶ビールが480円。

焼酎割もの系は370-380円だけど

コップで1合提供だから、2杯はとれるサイズだ。

割ものは瓶や缶に入ったものを提供されて、

セルフで割って飲む。

f:id:dokarefu:20191228225541j:image

 

緑茶ハイは190mlのミニお茶缶で

2杯とれるか心配な量だけど、

氷のかさ増しもあって余裕で2杯飲めた。

結局1杯あたり200円以下だ。

すげー。

 

この時はツナサラダ(確か200円)頼んだけど、

生玉ねぎのざく切りにシーチキンにマヨネーズ、

黒コショウと青のりかけての非加熱料理。

玉ねぎの辛味で酒も進む。

f:id:dokarefu:20191228225557j:image

 

寡黙な大将

 大将一人で回しているから、

同時の複数発注は遅くなるか聞こえてないか

忘れるかで実質対応できない。

たまに酒屋コーナーの客も来たりもするから、

大将の忙しさをみながらのオーダーだ。

 

店内ではビートルズがエンドレスで流れていて、

いつもそうなのか?と聞いてみると

 

「いや、いろいろ」

 

とつれない対応。

(後日行った時は、

さだまさしの「関白宣言(ライブバージョン)」や

70年代フォークBGMだった)

 

常連客とは談笑する時もあるけど、

基本一見の酔っ払い客の相手するほど

暇ではなさそうだ。

でも、硬苦しい雰囲気は全くない。

 

こちら大将のゆるエクセル画。

f:id:dokarefu:20191228214417j:plain

あやしげな記憶で描いた大将。イメージです。

店の広さからもグループ客よりも

1~2人向けのこじんまりで

ダラダラ長飲みしないサク飲み仕様だ。

19時くらいはかなり混んでくるみたいだ。

 

このあと座って飲みたかったらすぐそばに

やきとん始め何でもあるそこそこの大箱の居酒屋の

「豊田屋」が3つ並んだブロックに

各々1~3号店まであるから

ここで腰据えて飲むのもありだな。

 

一番近いのが↓の3号店。2号店はその向かい。

1号店は2号店の裏とゆードミナント出店型だ。

tabelog.com

 

ちなみに三兵酒場の会計はビール大+緑茶ハイ+

ツナサラダで1060円。

文句なしのコスパと風情だ。

未食のメニューだらけだから何度か通いそーだなぁ。

 

酩酊

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村