どかれふのExcel画廊

表計算ソフト、エクセルで描いた画をだらだら放出中。マウスで描いてるよー。ネタ切れの時は激渋酒場レポートになります。

六本木交差点に面する「角そば」=みのち庵をエクセルで描いてみた

六本木の交差点にある蕎麦屋、みのち庵のエクセル画キャプチャ版

 

今回はお気に入りの蕎麦屋。

ほとんど酒場として年間100回以上通ったお店の話。

 

初めて描いたお店もの、六本木「角そば」

エクセル画を復活しだした7~8年前

ミュージシャンや身近じゃないものを描くよりも

日ごろ世話になってるお店へのお礼もかねて

やってみた。

 

その第1号が六本木交差点に面している

通称「角そば」こと「みのち庵」。

こちらは実際のお店。

 

f:id:dokarefu:20191026002328j:image

 

年120回のずぶずぶの関係

当時のオフィスが六本木にあったんだけど

店は多いけど毎日飲むには

値段の割に合わないのがほとんど。

 

六本木に移った当初は

 

「開店記念!生ビール、10杯飲んでも500円」

 

激安居酒屋やチェーンラーメン屋で

安上がり飲みをしてたんだけど

お通しやらつまみ頼んだり

安酒で悪酔いしたりで

なかなかいい店が店が見つからない。

しかも家には飲んでない振りで帰って

晩飯食べないといけない。

 

そんな時、偶然入った蕎麦屋が角そば。

 

単品はさほど安くはないけど

お通しはないしつまみは300円台からあって

何度か通ってるうちに

蕎麦は食わずに飲みだけでもOKになって

ずぶずぶの関係になったイイ店だ。

 

全盛時は年間250日ほどの出勤日のうち半分の

120回くらい通った深入りした蕎麦屋だ。

月金ベルトの5連チャンもザラだった

 

3.11の震災時はオフィスに戻れず

角そばに避難させてももらった。

 

まさしく六本木交差点に面しすぎてるのか

待ち合わせ場所で

「角にある蕎麦屋」

と言っても

富士そばとか

交差点からずれている蕎麦屋しか思いつかない人が多い店。

 

夜になると昔は交差点に

大勢のブラザー系外国人呼び込みがいたせいか

みんな目を伏せてたから気づかなかったんだろうなぁ。

 

客層は場所柄

領収書をバンバン切れる紳士と

お店のお姐さんの同伴出勤合流地点

に使われたり、

業界大物風のムーディなオヤジなど

香ばしいお客様も多い

 

だけどハロウィーン、Xmasの喧騒時期も

BGMも無い静寂感に満ち溢れ確実に座れる。

 

エクセル画のスペック

六本木の交差点にある蕎麦屋、みのち庵のエクセル画

 

2013年4月制作。

 

今までは人しか描いてなかったけど、

初の店舗は角そばしかないな

でやってみた。

 

店先には当時よく飲んでいた

宮崎蕎麦焼酎の雄、

「雲海」300㎖ボトル(販売終了)に

蕎麦湯セット。

 

今から思えば、絵はまだまだ稚拙な仕上がり。

 

壁のタイルを1本づつ角度と間隔を調整して

マウスで描くのは

制作時間の半分は使ったんじゃないかなぁ。

 

すでにこの時点で

「放射状タイルはやっかいモノ」

の認識がすっかり出来上がった。

 

パーツ数343

 

六本木の交差点にある蕎麦屋、みのち庵のエクセル画ドット版


納品御礼

描いた後に、
プリント+額装して大将に納品したら
「お礼に」と雲海の一升瓶をいただいた。
 
一方的に描いてしかもゲリラ納品して
飾ってもらえるだけでもありがたいのに
逆に申し訳ないぁ。
 

f:id:dokarefu:20190901222356j:plain

今でもテーブル席横の棚に飾っていただいている(と思う)

 

ショップカード化

後日大将から

 

ショップカードに使いたいんで

データもらえないすかね?

でも仕入れの関係あるんで

雲海はカットできます?」

 

と。

 

喜んで納品したら見事なカードに。

いまでもお店に使ってもらっている。

 

f:id:dokarefu:20190901222412j:plain

↑店先の雲海セットはカットして落款も落ち着いたものに変更

 

今は会社が移転してしまったから

足遠くなったけど

そろそろお邪魔しないとなぁ。

 

六本木の交差点にある蕎麦屋、みのち庵のエクセル画額装版

 

酩酊。

 

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村


居酒屋ランキング