どかれふのExcel画廊

表計算ソフト、エクセルで描いた画をだらだら放出中。マウスで描いてるよー。ネタ切れの時は激渋酒場レポートになります。

【番外】激渋酒場 -十条せんべろ飲み(東京北区)

f:id:dokarefu:20200216011817j:image

 

北区は赤羽だけじゃない


今回は、東京都北区の十条。

赤羽が北区の首都で「昼(朝)飲みの聖地」なら、

その1つ都心寄り隣の十条は副都心。

池袋からも埼京線で2駅5分の便利な場所だ。

(ちなみに北区役所は王子)

 

この前、十条の朝から飲める激渋食堂「天将」の

ブログを書いたけど、朝から飲める店は

さほど多くない。

で、今回は15時からスタートする平日昼飲み

「十条はしご酒」コースのご案内だ。

飲み方食べ方次第だけど、

飲み物2杯とつまみ1~2品で

1500べろ/店が目安なお店でセレクト。

 

 

15時 もつ焼き 「碁ゑん」 (ごえん)or 中華 「三龍亭」

f:id:dokarefu:20200216012006j:image

1軒目は12時から営業しているもつ焼き屋だ。

 

町中華でビールをやる手もあるけど、

この先複数軒回ることを考えると、

ここは暖機運転気味にスタートで。

 

場所は十条銀座を途中左に曲がった西通りの

アーケードが切れた先にある。

予想に反しての小ぎれいな造り。新しい店らしい。

f:id:dokarefu:20200216012112j:image

1階はカウンターのみで10席ほど。2階はテーブルらしい。

 

レモンサワーはこだわってるみたいで、

シャリキンに生レモンに塩をグラスの飲み口にまぶして供される。

小ぶりな串で150~200円/本ほどでチョイ高め

だけど、上質肉なんだろうなぁ。

 

ビール+サワーともつ焼き3本、煮込みで1500円ほど。

f:id:dokarefu:20200216012049j:image

付き出しはなし。

不定休らしく土日も営業している。

https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132304/13202865/

tabelog.com

 

 

ちなみに町中華なら、「碁ゑん」に向かう途中にある「三龍亭」。

f:id:dokarefu:20200216012215j:image

tabelog.com

餃子がとにかくうまい。

f:id:dokarefu:20200216012234j:image

基本が5個だけど、何故か7個もメニューに載っている。

f:id:dokarefu:20200216012304j:image

タンメンもお店のオススメだったけど、こっちはいまいち。

f:id:dokarefu:20200216012324j:image

餃子がうまい店は、ほかのメニューが

イケてないケースが多いと個人的に思ってるけど、

ここもそのパターンか。

とにかく餃子とビールだけなら間違いない。

こちら木曜休み。

酒頼むとサービスの漬物が出てきて、

餃子、サワー、タンメンで1500円ほど。

 

16時 大衆食堂 天将

f:id:dokarefu:20200216014456j:image

14:30~の中休から16時で夜営業スタート。

ここは前回のブログでも書いたので、こちらご参照を。

 

www.dokarefu.com

 

初訪時は食べてなかったけど、お店おススメの

マグロ刺身(600円)を発注。

見事な切り身だ。

f:id:dokarefu:20200216012425j:image

俺1人ではこれで腹いっぱいになってしまうけど、

この時は連れがいたので、ついでに焼きそばも発注。

f:id:dokarefu:20200216012446j:image

500円の割には随分な小皿で供されてきて、

こちらは残念。

割もの2杯とつまみで1人1500円也。

付き出しはなし。

こちらは火曜休み。

 

17時 大衆酒場 斎藤

f:id:dokarefu:20200216013824j:image

正式名称は「大衆酒場 斎藤」らしいけど、

一般的には「斎藤酒場」で通っている。

昭和3年創業だから今年92年目の老舗だ。

tabelog.com

 

十条駅西口出てロータリーをすぐ右手に曲がって

徒歩1本ほどの好立地だ。

営業開始は17時になっているけど、

その時の準備状況で開店が30分くらい

ずれ込むこともある。客は黙って待つしかない。

店内は年季の入った1枚板の大テーブルや

カウンターチックな席もあったりで

なんだかんだ30名くらい入れそうだ。

f:id:dokarefu:20200216013357j:image

なにか特別な名物メニューがあるわけじゃない

けど、店が「ホンモノの酒場」感に満ちている。

客層も一人飲みか、勤め帰りのスーツ系

サラリーマンが多い。

大声で泥酔する客はいなくて、みな和気あいあいと

飲んでいる。

 

相撲がやってる時はTVは相撲中継。

でも、野球中継は流さないとのこと。

客同士が喧嘩になるかららしい。

野球と政治と宗教は議論が始まったら

収まらなくなるからニュースも基本流さないらしい。

ホールはベテラン女性店員3人で回しているから

ぎすぎすした感じはないけど、

楽しく飲めるようお店のローカルルールがある。

 

店内撮影は「下向き」ならOK。

ほかの客が映る写真はNG。

撮影に店員が目くじら立てているわけじゃ

ないけど、バシバシ撮っていると注意される。

カメラは料理主体でよろしくです。

f:id:dokarefu:20200216013741j:image

比較的名物らしいのが「カレーコロッケ」。

あとは刺身つまんで、ビールか割もので。

この時は一人1300円。

殻付きの落花生数個が付き出しで供される。

日曜休み。

 

素敵な店は客も一緒に作っていくもんだと

よーくわかるお店です。

名酒場。

 

18時 焼肉 十条苑

f:id:dokarefu:20200216013910j:image

4軒目になってくると、腹もいっぱい気味に

なってくるけど、酒の勢いでここ十条では

焼肉に流れることが多い。

 

tabelog.com

 

最近の焼き肉屋は炭火か無煙ロースターが主流で、

煙モクモクで埋め込みじゃない

立体型ガスコンロで焼ける店は珍しいけど、

十条苑はそのトラディショナルスタイルの

焼き台が待ち構えている。

f:id:dokarefu:20200216014034j:image

炭火のほうがうまいんだろうけど、

酔ってくるとアトラクションとしての

「煙まみれで肉を焼く」行為をしたく

なるんだろうか。

そんな店を探してたら飛び込みで

偶然発見したのが十条苑。

西口ロータリーを抜けて、左に曲がってすぐ。

斎藤酒場からは徒歩3分ほど。

 

そう、ここは十条西口再開発で一掃が

予定されているブロックだ。

もう立ち退いたろうとあきらめ気味に

のぞきに行ったら「営業中」のサインだ。

 

梯子のような急こう配の階段登った2階で

70過ぎのおかあさんが1人で切り盛りしている。

注文は紙に書いてお母さんに渡すシステムだ。

 

肉はほとんどが700~1000円くらいで、

とにかく盛がイイ。

これは以前5部位を1人前づつ頼んだときの

ものだけど、結構な量だ。

f:id:dokarefu:20200216014102j:image

味も風情も昭和トラディショナルなスタイルだ。

予定調和で煙と油まみれにひたれる。

f:id:dokarefu:20200216015624j:image

 

今回は2人だしカルビ、ハラミ、ビール、

割もので1500円/人。

もちろん付き出しはない。火曜が定休日。

 

帰り際におかあさんに

 

「このへん再開発になるけど、

いつまでやるんですか?」

 

と聞いたら

 

「お肉があるまで続けるよー」

 

とのこと。

相当在庫があるらしい。

 

こちらおかあさんのゆるエクセル画。

f:id:dokarefu:20200216005707j:plain

この跡地には店舗、住居が入る40階建ての

タワマンが建設予定だけど、

まさか、その店舗に入るとも思えない。

 

工事は2019年開始予定だったらしいけど、

まだ解体作業には入っていない。

ぎりぎりまで営業して欲しいし、また再訪したい。

 

今回のお店全部回るには

月、水、金、土が可能。

土曜は混むかもねぇ。

 

東口の東十条に抜ける道沿いも

いろいろ飲み屋あるし十条は奥深いねぇ。

 

開発のせめぎあい

駅に向かうと、「西口再開発反対」の

メッセージボードの向かいで

40階建てマンション分譲の

営業マンがティッシュを配っている。

f:id:dokarefu:20200216014205j:image

そして駅のロータリー真ん中の緑地には

「再開発推進」の北区の看板が。

f:id:dokarefu:20200216014224j:image

あー、追い込まれてるなぁ。

 

4軒回って酩酊。

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村