どかれふのExcel画廊

表計算ソフト、エクセルで描いた画をだらだら放出中。マウスで描いてるよー。ネタ切れの時は激渋酒場レポートになります。

【番外】北海道ひとりサウナ・温泉旅 - まとめ

2020北海道ひとり旅写真コラージュ

2020北海道ひとり旅写真コラージュ

 

2020年10月3日から10月19日までの16泊17日の

「北海道ひとりサウナ・温泉旅」(一部青森)が

やっとまとまりましたので

ここにupさせていただきます。

 

 

全行程

2020北海道ひとり旅の全ルート

2020北海道ひとり旅の全ルート

秋田から苫小牧に入って北海道ツアーを開始。

 

ルートは苫小牧から時計回りか逆回りで迷ったけど

知床方面は後半にすると雪のおそれもあったから

道東方面を早めに回る逆回りコースでスタートした。

タイヤもスタッドレスじゃない夏タイヤだし

雪が降ったら立ち往生必至だしな。

 

最初と後半で雨があったけど

ほとんどが快晴。

日中は半袖の時もあったくらいだ。

 


こうやってみると襟裳岬-釧路、留萌-札幌、

渡島半島日本海側以外は海岸線を一周した感じだ。

 

最北端の宗谷岬、東は納沙布岬

南の白神岬は行けたけど

最西端の尾花岬は未踏だ。

そもそも尾花岬に通っている道はないみたいで、

最寄りの道はトンネルを通過している。

 

北海道最北端「宗谷岬」

日本最北端「宗谷岬」。平地にあるから見逃すところだった。樺太見える。

 

北海道最東端「納沙布岬」

北海道最東端「納沙布岬」。北方領土間近。「返還して当たり前」の気持ちになる

 

北海道最南端の「白神岬」

北海道最南端の「白神岬」。これも平地で道端にある。結構地味。

まぁ3か所行けたから十分です。

最南端は襟裳岬だとしばらく思ってたけど

函館に近づいてから白神岬の存在を知って

北海道最終日に慌てて行った次第だ。

 

青森行ってからも大間とか尻屋埼とか

縁ばっかり行ってるから

いかに自分が「端っこ」好きかが

よくわかるルートだった。

 

本州最北端「大間埼」。ロシアと向き合ってないからまったりとしている。

本州最北端「大間埼」。ロシアと向き合ってないからまったりとしている。

ちなみに北海道の大きめの市では

室蘭以外はほぼ宿泊・通過した感じかな。

室蘭も洞爺湖の後に寄ろうかと迷ったけど

決定打に欠けて見送り。

室蘭の方、いつか行きます。

 

走行距離

1日最長走行距離356.6km

1日最長走行距離356.6km

走行距離は3621km北海道だけなら3386km。

一日平均210kmほど走ったことになる。

1日の最長走行距離は356.6km

登別-襟裳岬-帯広を移動したときのものだ。

旅を開始してまだ2日目だ。

毎日運転していると感覚がマヒしてきて

200km以下だと走った気がしない。

まぁ無事故無違反だったのがなによりだ。

 

ちなみに宗谷岬から九州最南端の大隅半島佐多岬までが

3000kmだ。

次は九州まで行けそうな気がする。

 

日程別詳細

2020北海道ひとり旅詳細行程

2020北海道ひとり旅詳細行程

小さくて読みにくいと思うけど詳細もまとめてみた。

食べたものもできるだけ書いたけど

16日目は朝昼抜きで夕方にまとめて

北海道最後の夜飯を食べてたことになる。

 

実はこの旅行で体重が3kgほど増えた。

日頃は酒メインであまり食べない生活だったのが

酒抑え目の食メインになったのと

1日中運転で体を動かさなくなったのが大きい。

 

この旅のもう一つのテーマの「サウナ・温泉」も

サウナは6日目だけ、

温泉は5日目だけが入れなかったけど

あとは毎日浸かれた。

入ったサウナ、温泉は合わせて21か所。

 

後半になってくると「1日2サウナ」も出てくる。

北海道のサウナ評価が高いのもうなずける。

↓こちら今回の旅のマイベストサウナの

「白銀荘」@吹上温泉

 

2020北海道ひとり旅のベストサウナ「白銀荘」

2020北海道ひとり旅のベストサウナ「白銀荘」

まぁ、サウナに毎日入るだけでは体重が減らなかったな。

 

費用面

 おおまかにこんな感じ(青森の1日も含む)。

 

宿代:8万円

食費:8万円

交通費(フェリー他):3万円

ガソリン代:3万円

駐車場代:1万円

入場料・サウナ:1万円

土産・雑費:2万円

 

ざっくり26万円

30万円くらいかと思ってたけど予算内だった。

 

17日間だから1日平均で1.5万円

そのうちの2/3は宿と食費だ。

 

宿はGoToトラベルの恩恵もあって1泊平均5000円以下。

トラブルも無く車中泊はなかった。

一番安いのは札幌のサウナに泊まった時が

2000円以下だったけど駐車場が1500円もかかった。

 

地域共通電子クーポン

ほとんどの宿をオンラインで予約したから

地域共通クーポン」も1000~2000円/泊

ついてきたけど、これが「電子クーポン」。

しかも宿泊当日+翌日の間に使わないと失効だ。

 

札幌や旭川の大都市なら使えるところが多かったけど

それ以外の街は「紙クーポン」じゃないと使えない。

 

北海道ではどこにでもあるコンビニ「セイコーマート」は

WEBでは「電子クーポンOK」の表示になってたけど

地方では紙しか使えない。

 

確実だったのは「ツルハドラッグ」と「サツドラ」の

ドラッグストアはどの店舗でも使える。

新しい街に移動していく時はまずはドラッグストアで

クーポンを消化するところから始めた。

結局毎日ビール、酒類を買っていくことになる。

 

地域共通クーポンで「サッポロ・クラシック」

地域共通クーポンで「サッポロ・クラシック」

一応「北海道限定」の「サッポロ・クラシック

350mlの6缶パックが1000円ちょっと。

たまに北海道限定のものがあればそれを買う。

 

地域共通クーポンで北海道限定「マルちゃん焼きそば弁当」

地域共通クーポンで北海道限定「マルちゃんやきそば弁当」

「マルちゃんやきそば弁当」の味違いが

いろいろあったけど100円/個だから10個買ったら

ものすごくかさばる。

あとはどこでも売ってる缶チューハイで調整だ。

 

本来の趣旨の観光施設の入場料や飲食店、

土産物にはほとんど使えなかった。

まぁ、ありがたいと言えばありがたいんですが。

 

写真

2020北海道ひとり旅の写真コラージュ

2020北海道ひとり旅の写真コラージュ

この期間中撮った写真が756枚。

↑は北海道の地形と撮った場所をある程度重ねた

ダイジェストコラージュ。

青空が多いねぇ。

つくづく天気が良くてよかった。

 

普段からあんまり写真を撮るほうじゃなかったから

最初のころの枚数は少ないけど

後半は一瞬でも「おっ」と思うところが出てくれば

面倒くさがらず車を止めてとりあえず撮る。

どんどん増えてくる。

 

この旅の間は毎日ブログの更新をしていて

最初の頃は1日1時間程度だったのが、

写真も増えてくると文字数も5000字越えたりで

後半は4時間くらいかかる時もあった。

 

「ブログを書くために北海道を回っている」

みたいな本末転倒な感じも漂ってきた。

途中更新をやめようかとも思ったけど

最後まで書いといてよかったと思う。

 

最後に

2週間強で北海道をほぼ1周できたけど

上っ面なめたような浅い旅だったことは否めない。

 

 

コロナもあって現地の人との会話も少なくて、

独り言も増えてくる始末だった。

 

先住民アイヌの地から

明治以降は和人の入植で150年ほどで

これだけの開拓できたことは素晴らしいことだと思う。

 

屯田兵や民間の開拓に先立って

「網走監獄」の囚人たちが森林伐採や道路敷設の

インフラを担ったのは今回初めて知った。

 

脚光を浴びない「北海道開拓史」の宝庫、「網走監獄」

脚光を浴びない「北海道開拓史」の宝庫、「網走監獄」

当時は

「凶悪犯だから過酷な労務で死んでも

収監費用の抑止にもなるし無償労働力で一石二鳥だ」

という今なら「非人道的」な考えのもと

劣悪な環境と食事で多くの犠牲者を出したという。

 

このような北海道の裏開拓史は「網走監獄」に

多種展示されている。

一番の収穫は「網走監獄」だったんじゃないかと思う今日この頃だ。

 

そろそろ本筋のエクセル画に復帰します

 

 ----------------------------------------------------

「北海道ひとり旅」個別ブログはこちらから。

 

www.dokarefu.com

 

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村

 


一人旅ランキング