どかれふのExcel画廊

ユニバーサルツール、MSエクセルの描画ツールで描いた絵を放出中。マウスで描いてるよー。

エクセルで居酒屋「番屋」物語@中野_最終章

f:id:dokarefu:20191014221725j:plain

江波健太郎 デビューシングル。ひたすら前向きだ

ゴールデンウィークの初訪から2か月もたったけど

再訪問のレポートだよ。

前回の記事はこちら。

 
www.dokarefu.com

 

2か月後の再訪

やたら歌がうまいスナック居酒屋のマスターが

実は50年前歌手で、

自分ですら持っていないデビュー曲が

家にあった廃盤コンピレーション盤に入ってる奇跡

 

で、前回連れが入札した

デビューシングル見事落札で配達されたんで、

この廃盤CDと

若き日のマスターのジャケ写のエクセル画

持っていくことにした。

もうすぐ8月になる梅雨が明けた蒸し暑い夏日の夕方だった。

 

2度目の番屋に前回と同じ3名で訪問。

2か月前のことだし、案の定、多分覚えてない。

まだ常連客も少ない頃を見計らって

マスターに話しかけてみた。

 

50年振りの「人生一、二、三」

俺「実はGWに一度来て、

 マスターの歌のうまさにまいっちゃって

 また来たんですよー」

 

マスター「おっ、そうだっけ?また来てもらってありがとねー」

 

お「実はこの前家帰ったら、マスターの曲、

 このCDに入ってたんですよっ。

 梅宮辰夫の『ダイナマイト・ロック』

 も一緒ですよ!」

 

f:id:dokarefu:20191014234952p:plain

この19曲目。梅宮辰夫は6曲目。

 

マ「え、なになに?」

 

とCDを手に取ってまじまじと見る。

 

マ「そうだよ!これ、俺のデビュー盤だよ

 懐かしいよなぁ。

 おい、ママちょっと見てよ」

 

お「じゃ、せっかくなんで

 この曲聴きましょうよ

 

マ「やー、店にCD無いんだよ。残念だなぁ。」

 

お「だったら、

 このスマホに『人生一、二、三』入れてきたんで

 流していーすかね?」

 

ま「ぜひぜひ!

 

で、スマホのスピーカーを大にして、

店内にはマスターの50年前のデビュー曲が流れる。

客は一言も発せず耳を澄ませる。

 

マ「懐かしいなぁ・・・」

 

と歌詞を口ずさむ。

 

マ「50年たっても忘れねーもんだよなぁ。

 

とはるか彼方を見つめる。

 

お「実はこの前来た時、

 ネットオークションでこのレコード探したんですよ。

 で、なんとこいつが

 落札して今日持ってきましたよ!」

f:id:dokarefu:20191014002059j:plain

超レア、マスターのデビューシングル。ヤフオクで700円!

 

マ「おいおい、なんてこったよ。

 俺は1枚も持ってないのに、モノ好きな人がいるもんだねぇ。

 ねぇ、ママほらみてよ!」

 

お「じゃ、この曲かけましょうか?

 

マ「レコードプレーやなんかないよなぁ。

 聴けないなぁ。」

 

お「うちらもプレーヤーないし、

 せっかくなんで

 マスターにプレゼントしますよ。」

 

マ「えーっ、悪いなぁ。本当にいいのかい?」

 

f:id:dokarefu:20191014230006j:plain

うれしそうに50年前のマスターとツーショット

モザイクで隠れているけど、マスターは満面の笑みだ。

エクセル画登場

お「マスター、もう一つプレゼントがあるんですよ」

 

マ「なんだよ、

 今日はどんな風の吹き回しだぃ

 

確かに2回しか来てないのに

思い出の品々を

片っ端からプレゼントするから変な客だが、

マスターは訝しがらず前乗りになってくる。

 

お「じつは、デビュー盤じゃないんですけど、

 セカンドシングルのジャケットの画

 を描いたんですよ。

 素人の手習いで申し訳ないんですけど、

 よかったら受け取ってもらえないすかね?」

 

これが贈呈した「酒におぼれて」。

f:id:dokarefu:20191014002708j:plain

 

額装したエクセル画をマスターに手渡すと

マスターはうっすら涙を浮かべ

まじまじと見とれながら受け取ってくれた。

なんか感動させてしまったみたいだ。

 

f:id:dokarefu:20191014230919j:plain

額はダイソーです。すんません。

エクセル画のスペック

今回はデビューシングル

「人生一、二、三」の画のスペックで。

番屋に行った時にはまだ着手していなかった。

2015年8月制作。

パーツ数129

f:id:dokarefu:20191015000636j:plain

 

白のハイネックセーターがイカしてるけど、

顔つきは純朴であどけなさが残る。

 

熱狂の常連客

マスターとうちらのやり取りの中、

いつの間にか常連客も増えてきた。

早い頃からいた人は、

後続の客に一連のやり取りを教えると

 

「おー、すげぇ!」

 

と狭い店内のボルテージも上がってくる。

 

マスターからはせめてものお礼にと、

番屋自慢の焼き鳥のサービスだ。

 

ここまで盛り上がるとは思ってなかったし、

最後まで帰れなくなりそうだから、

 

今度は『人生一、二、三』

描いて持ってきますねー

 

と頃合い見ておいとますることにした。

 

店を出ると、カウンター奥の常連客が追いかけてきて

うちらの手を握って涙目で

 

本当にありがとぉぉぉっ。

マスター、いい人なんだよぉっ

 

とものすごく感謝される。

入れ替わりで番屋に入る常連客にも

 

この人たちすごいよぉ、マスターにさぁ・・・

 

帰れなくなりそうだから、

「また来ますねー」で撤収した。

 

とにかくマスターは常連に

ものすごく愛されていることが分かった。

 

未納品問題

その後、「人生一、二、三」は描いたけど、

中野に行く不便さと

あの熱狂ぶりと対峙する気力も湧いてこなくて

5年たってしまった

結局「人生一、二、三」は未納品のままだ。

 

まだお店は営業しているらしいから、

気になる方はマスターの歌声聴きに行ってみてねー。

tabelog.com

 

今は中古盤しかないけど、手に入ればこちらで50年前の

晴れやかな歌声も聞けますよー。

 

 

で、2回にわたる、

デジタルとネットが50年前の思い出問題を解決した

長ーいお話、

お付き合いありがとうございましたー。

 

しかしマジでエクセル画のネタが枯渇してきた。

更新頻度落ちるの必至。

f:id:dokarefu:20191015003902j:plain



 

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村