どかれふのExcel画廊

表計算ソフト、エクセルで描いた画をだらだら放出中。マウスで描いてるよー。ネタ切れの時は激渋酒場レポートになります。

エクセル画でJames Bond @ ショーン・コネリー

f:id:dokarefu:20191129154427j:image

 いよいよシリーズ25作目

今回は久しぶりの映画もの。

007ですな。

 

ビートルズがデビューした1962年の

シリーズ第1作目「007 ドクター・ノオ」

を皮切りに

2020年4月公開予定の

「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」で25作目になる。

 

初代James Bond

その初代はショーン・コネリー。

ドクター・ノオ」の公開当初の邦題は

007は殺しの番号」。

 

昭和ならではの仰々しい邦題がついていた。

 

俺の世代では「水曜ロードショー」とかの

TVの映画番組の007モノは定番で

何度も再放送されたりして、

James Bond = ショーン・コネリー

トラウマのように脳裏に刷り込まれている。

一般的にも歴代Bondで上位にランクされている。

 

ちなみに、第1作目からBondを演じるために

コネリーは嫌々ながら、

かつらをかぶって演じていた。

007以外では地毛で映画に出演している。

 

で、こちらエクセル画の元絵のコネリー。

f:id:dokarefu:20191129153454j:image

 

それ以降の007シリーズでは、

設定が宇宙に飛んで行ったり、

コミカル路線が強調されたりで

どんどん関心がなくなってしばらく遠ざかっていた。

 

でも、現Bond役のダニエル・クレイグから

ハードアクション&冷徹路線に変更。

あらためて全作見直してみると、

主役が変わっても、

(マンネリと言われようが)映画の構成や

お約束のセリフ、プロップスが

各作品に刷り込まれていて

独自の世界観が広がっている。

 

映画自体はアカデミー賞とは全く無縁だけど、

23、24作目はアカデミー賞監督のサム・メンデス。

ここではでは昔の007のオマージュが

ちりばめられて、

旧作見た上なら更なる満足感に浸れる

作りになっている。

でも、007シリーズは女性には引かれてしまう

デートで見に行かないほうがいい映画

だろうな。

007 ショーン・コネリーもの

第1作   007 ドクター・ノオ(1962年)

ドクター・ノオ [Blu-ray]

ドクター・ノオ [Blu-ray]

 

 第2作    007 ロシアより愛をこめて(1963年)

ロシアより愛をこめて [Blu-ray]

ロシアより愛をこめて [Blu-ray]

 

 第3作    007 ゴールドフィンガー(1964年)

ゴールドフィンガー [Blu-ray]

ゴールドフィンガー [Blu-ray]

 

 第4作    007 サンダーボール作戦(1965年)

サンダーボール作戦 [Blu-ray]

サンダーボール作戦 [Blu-ray]

 

 第5作    007は二度死ぬ(1967年)

007は二度死ぬ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

007は二度死ぬ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

 

第7作    007 ダイヤモンドは永遠に(1971年)

ダイヤモンドは永遠に [Blu-ray]

ダイヤモンドは永遠に [Blu-ray]

 

 

5作目は変な近未来感とオリエンタルムードが

混ざった東京オリンピック後の日本でほぼ全編が撮影。

丹波哲郎や浜美枝も登場。

「オースティン・パワーズ」でも角力が出てきたり

「二度死ぬ」へのオマージュが込められている。

個人的には好きな映画だけど、

一般的には2~4作目が傑作と言われているらしい。

 

コネリーはもともと5作品の契約だったから、

一度降板。

6作目は無名の俳優、ジョージ・レーゼンビーが

2代目Bondに就任するけど不評で、

結局もう1作限定で7作目にコネリーが

復活している。

 

これとは別に、非正規007映画の

「ネバーセイ・ネバーアゲイン」(1983年)で

コネリーがBond役で主演するけど、

契約の関係で「007のテーマ曲」が使えない

といったいろいろ縛りがあった作品で、

評判も今ひとつだった。

ちなみにこれは4作目の「サンダーボール作戦」の

リメイク映画。

ネバーセイ・ネバーアゲイン [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

ネバーセイ・ネバーアゲイン [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

 

 

エクセル画のスペック

2019年11月制作。

「007」のロゴもフリーフォームで書き起こして

パーツ数213

f:id:dokarefu:20191129154503j:image

 

歴代Bond

2代目 ジョージ・レーゼンビー

3代目 ロジャー・ムーア

4代目 ティモシー・ダルトン

5代目 ピアーズ・ブロズナン

6代目 ダニエル・クレイグ

 

と続いてきて、2020年公開の

007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」で

クレイグもBond最終作になると発表。

 

で、来春に向けて

2代目以降のBondエクセル画も

不定期に上げていく予定。

 

よろしくです。

f:id:dokarefu:20191129154520j:image

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村