どかれふのExcel画廊

表計算ソフト、エクセルで描いた画をだらだら放出中。マウスで描いてるよー。ネタ切れの時は激渋酒場レポートになります。

エクセル画でRolling Stones @ Black & Blue

f:id:dokarefu:20191119010624j:plain


 

 

Stones初体験レコード

今回は久しぶりのRock LegendものでRolling Stones

1976年発売の"Black & Blue"のジャケ写からエクセル画起こした。

 

小学生時代からBeatlesを聞いてたけど、

Stonesは「わかりにくい」「とっつきにくい」感じがあって

しっかり聞いたことはなかった。

まー、メロディアスな曲は限られてるし、

メディアでの露出も少なかったしなぁ。

 

で、中学入ったころ、"Black & Blue"がリリースされて、

その1stシングルが"Fool to Cry"(邦題:「愚か者の涙」)。

いきなりアルバム買う財力と気力もない中坊だった俺は

まずはこのシングルから購入。これは初めて買ったStonesのレコードだ。

f:id:dokarefu:20191118234446j:plain

処分せず奇跡的にまだ持っている、シングルレコード。

f:id:dokarefu:20191118235441j:plain

裏ジャケ。昭和風コピーがちりばめられた解説もナイスだ。

今や1曲150円くらいでオンラインで買えるけど、

当時は1曲600円(B面はおまけの扱い)。

物価考えても高かったよなぁ。

 

"Black & Blue"の1stシングルで、

曲はR&B系バラードで途中から入ってくる

ファルセットバックコーラスがまたエモーショナルだ。

ちなみにイントロから入ってくるエレピはMick Jaggerらしい。

 

"Black & Blue"

1960年代後半のStonesはワイルドだったけど、

個人的には70年代入ってからのStonesは円熟期で一番好きな時代だ。

前作、"It's Only Rock'n'Roll"でMick Taylorが脱退。

 

 

後任のギタリスト探しは

グレイト・ギタリスト・ハント」と呼ばれ、

著名ギタリストも候補に挙がった(Jeff BeckとかPeter Framptonとか)。

結果このアルバムのセッションにも参加していた、

元FacesのRon Woodに決定して今に至ることになる。

 

ちなみにJeff Beckはこのハントやってる頃に"Blow by Blow(邦題『ギター殺人者の凱旋』。すげータイトル)"を発表。

もしStonesに加入してもすぐ脱退してたろーなぁ。

 

アルバム収録曲は9曲で、Stones本流のRock'n'Rollもあれば

レゲエやBlues、スローバラードありの

バリエーションに飛んでるけど、R&B色が濃いアルバムだ。

ちなみにアルバムジャケットは2つ折りで見開くとこんな感じで

メンバー全員の顔がわかる仕様になっている。

 

f:id:dokarefu:20191119004158p:plain

 

エクセル画のスペック

2019年11月制作。

1970年代のStonesのアルバムは

メンバー全員の顔が出たジャケットのものは、

"Black & Blue"しかないし、

お気に入りのアルバムだから、このジャケでエクセル画となった次第だ。

パーツ数342

f:id:dokarefu:20191119004302j:plain

 

ついでにバリエーションで、エクセル画でも"Black & Blue"版

f:id:dokarefu:20191119004350j:plain

 

ジャケ写に見るPower of Balance

正方形ジャケにはMickとKeithのメインどころに挟まれて、

"Silent Stone"ことベーシストのBill Wymanが扱いもずいぶん小さく映っている。

裏ジャケにあたる見開き左には、

長年の功労者で今も現役のドラマーCharlie Wattsを抑えて

Ron WoodがKeith並みのデカさで登場。

期待度がわかるぇ。

 

1990年に入ると、

MickとKeithの不仲によるバンド内の雰囲気に嫌気がさしたのと

長年のギャラ含めての扱いの不公平からBillが脱退

後任のベーシストは加入しないまま、

たまにベスト盤出したりしながらいまだStonesは転がり続けている。

数年前は脱退したBillやMick Taylorがライブにゲスト出演することもあったけど

ライブはもうしんどいだろーなー。

 

f:id:dokarefu:20191119004811j:plain

 

 

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村