どかれふのExcel画廊

表計算ソフト、エクセルで描いた画をだらだら放出中。マウスで描いてるよー。ネタ切れの時は激渋酒場レポートになります。

東京北の砦、朝から飲める名店「まるます家」をエクセルで描いてみた

赤羽の居酒屋「まるます家総本店」のエクセル画キャプチャ


北の赤羽、南の蒲田、東は小岩という

東京のゲートウェイ。

今回はその北の砦=赤羽の

ランドマーク御食事処が

まるます家 総本店」だ。

 

朝から飲める

昼酒というか朝(平日10時開店)から飲める

赤羽スタイルの王道を味わえる。

 

昔の赤羽は地元やシニア層が主体でまったり

がっつり飲める街だったけど

夜は20代の若手のほうが多いんじゃないかなぁ。

 

山田孝之の東京都北区赤羽』のドラマや

昨今のせんべろ飲みブームの影響もあって

街全体が混んでる感じ。

 

うなぎ、すっぽん、ジャン酎

 うなぎや鯉、なまずの川魚が看板料理だけど

ここのすっぽん鍋も非常にリーズナブル。

4人前4000円の大鍋の他に

少人数なら小鍋850円もあって追加で雑炊もできる。

 

タイミングが良かったら

すっぽん生血カクテル」にありつける。

リンゴジュースとミックスで

生臭さはほぼ感じない。

 

酒はこれまたフツーよりひと回りでかい

ジョッキ生だから

ここで小でじゅうぶんですよ

 

飲酒プロ好みのサッポロ赤星瓶もある。

そのあと、名物の「ジャン酎」こと

「ハイリキプレーン1ℓ」に

ミントとライムを追加の

ジャン酎モヒート」だ。

 

ちなみにここは「一人3杯まで」のルールがあるけど

ジャン酎は一人1本まで。

3本飲めないよなぁ。

 

f:id:dokarefu:20190827201628j:image

 

なかなかスーパーではお目にかかれないけど

Amazonにありますね。

 

 

家でもこれにミントとライムあれば

まるます家気分味わえる。

 

で、実際のお店はこちら。

 

f:id:dokarefu:20190827200925j:image

 

店内は1階がコの字カウンター主体の1~2人向けで

昼過ぎから行列ができたりする。

 

2階は座敷で4名以上のグループ客でも余裕だけど

予約したほうがいい。

特に毎月15日の年金支給日は

昼でも予約が取れなかったりするから要注意だ。

 

エクセル画のスペック

赤羽の居酒屋「まるます家総本店」のエクセル画

 2013年10月制作。

 

シリーズ最多の1053パーツ

どうりで時間かかったわけだ。

 

店先の看板、提灯、のぼりはもちろん

見えるものは描きまくった。

 

老舗なんで絵を受け取ってくれるか

怪しかったけど

若女将に受領いただいた。

 

そしたら

 

「エアコン(の室外機)まで描いたのぉ!」

 

(多分)感銘されていた。

そんなこともあってか年に数回しか行かないけど、

若女将は「あっ、絵の人ね?」と覚えてくれている。

 

赤羽の居酒屋「まるます家総本店」のエクセル画ドット版

 

画は2階座敷の力士の手形の並びに

飾ってもらっている。

 

f:id:dokarefu:20190827201123j:image

 

そろそろジャン酎モヒート飲みたくなってきなぁ。


赤羽の居酒屋「まるます家総本店」のエクセル画額装版

 酩酊。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村


居酒屋ランキング