どかれふのExcel画廊

表計算ソフト、エクセルで描いた画をだらだら放出中。マウスで描いてるよー。ネタ切れの時は激渋酒場レポートになります。

【番外】激渋酒場 - 「丸千葉」@南千住

f:id:dokarefu:20200402220531j:plain

激渋じゃなくて名店

今回は南千住。

とゆーか、以前上げた「追分」の近場の山谷エリア。

正式住所は台東区日本堤。

こちらも南千住or三ノ輪から歩いて15分ほど。

なかなか狙わないと行かないゾーンだ。

「是非ここは行ってみたい」

でやっと上陸できた酒場だ。

 

tabelog.com

 

エリア的に「激渋」だけど、

はっきり言ってここは名店。

ある面、この地域には似つかわしくない

かもしれないけど、

お店は常連客のムードもあってこその

雰囲気だから、

山谷が育んだ名店なんだろうなぁ。

 

ちなみにこの近所にある「大林酒場」は

風情があるこれまた名酒場といわれるけど、

ローカルルール多いし

大将が怖くてすぐ出禁発令するから

緊張感もっていかないといけない、

ハードボイルドっつーかハードルが高い店だ。

 

一転、丸千葉は賑やかな下町酒場。

みんな楽しそうに飲んでいる。

 

ノーガードで初訪

入店したのは外出自粛要請が出るきっかけになった

コロナ騒動が「緩んだ」といわれている

3月春分の日の3連休直前の平日。

開店は14時。

 

コロナもあるし、平日だし早い時間は

混んでないだろうとタカをくくって

予約なしで14時半頃、連れと訪問。

うちらに前に3人くらいの30前後と思しき

グループが同じ方向に歩いている。

まさか丸千葉じゃないだろーなぁと思って

向かっていくと、なんと店の前に

また3人が待ち構えてて合流。

6人組だった。

 

f:id:dokarefu:20200402222818p:plain

左のモザイクが6人組。背中はこちらの連れ。

6人組は入店待ちらしい。

こりゃ入れないかもなぁ、

とダメもとで店内のぞいたら

大将から

「予約は?あ、無し?何人?」

「2人ですけどダメすかねー?」

「ちょっと待って。

あ、16時から予約入ってるけど、

それまでになって申し訳ないけど、

よかったらどーぞ」

「おー、だったらぜひっ」

 

と6人掛けの大テーブルの端に座ることができた。

甘く見てたけど、入れてラッキー。

 

大将も「混んでて申し訳ない」モードで低姿勢。

なんかよさそーな雰囲気。

 

6人組もノーアポだったらしく、

隣の大テーブルに座れたみたいだ。

しかしウチらより大胆だなぁ。

半分女子だけど、丸千葉入れなっかたら、

どーするつもりだったんだろ。

 

コの字カウンターに手書きお品書き

 

店内は入って左手が18人座れるコの字カウンター。

右手が6人掛けの大テーブル2卓。

カウンターはほぼ満席だ。

70過ぎらしい常連先輩ががっちり固めている。

f:id:dokarefu:20200402235838p:image

 

壁には手書きの墨文字で、

みっちりお品書きが並んでいる。

卓上にはメニューはない。

この時期は鍋物もあるし、

刺身やウィンナーのつまみや

カツ丼やなぜかマーボー豆腐や春巻があったりする

バリエーションの広さだ。

 

カウンター側は季節のオススメ系、テーブル側は

飲み物と定番系のお品書きになっているみたいだ。

f:id:dokarefu:20200402225841j:plain

こちらテーブル側メニュー。豊富なバリエーション。

 

個人的には、壁短冊メニュー型は

名店酒場が多いと思う。

月島の岸田屋、北千住の大はし、銀座の三州屋etc.

卓上固定メニューだと、季節のオススメ物が

反映できないからなのかなぁ。

系統違うけど清瀬のみゆき食堂も

定番主体の壁型だ。

 

www.dokarefu.com

 

名店は日本酒弱い

ビールはサントリー以外の3銘柄。

反射的にいつも飲んでるスーパードライのつもりで

「アサヒ」頼んだけど、

サッポロラガー「赤星」もあった。

周り見てから頼めばよかったぁ。

で、2本目は「赤星」。

ちなみにお通しはない。

その時点でイイ店だ。

 

つまみはまずは刺身3店盛。

しめ鯖、鰯、ホタルイカの指名で発注。

f:id:dokarefu:20200402232036j:plain

全てがうまい。

鍋も考えたけど次の展開も考えて、

あとはウィンナー炒めとアサリの酒蒸し。

f:id:dokarefu:20200402232100j:plain

刺身とアサリもあるから、

日本酒も行きたかったけど

高清水と剣菱くらいしか見当たらない。

 

魚系に力入っている名店酒場って、

日本酒の品揃えがなぜか弱いところが多いけど、

丸千葉もその分類だ。

 

場所柄か常連客は金宮焼酎ボトルが多数。

そんな頻繁に来れないし、

2人だからボトルはスルーで

ショットで焼酎割ものを2杯づつ流し込む。

 

大将「やっちゃん」

大量な注文さばくために調理場には5、6人。

ホールは女性1人に常連から

「やっちゃん」と呼ばれている大将の2人体制。

やっちゃんは次々飛び出す注文もてきぱきさばいて

来店客に満員の断り入れたり、

酔っ払い先輩の他愛もない話にも付き合ったり、

うちらみたいな新規客にもケアもしてくれる。

なんか聞いたことある話っぷりだなぁ、と思ったら

ビートたけしの声と話っぷりにそっくりなんだよねぇ。

 

そんなやっちゃんのゆるエクセル画がこちら。

f:id:dokarefu:20200402232833j:plain

顔つきもたけし系なんだよねぇ

16時に10分前くらいでお会計頼んだら

2人で6500円ほど。

アテと雰囲気からすれば大満足だ。

 

帰る間際、やっちゃんから

「今日はせわしなくてすいませんねー。

また是非ゆっくり来てくださいー」

とお見送り。

 

今度は予約していきますよー。

 

そして、「いろは会」の「追分」に

チャレンジ入店に向かった次第だ。

 

www.dokarefu.com

 

酩酊。

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村