どかれふのExcel画廊

表計算ソフト、エクセルで描いた画をだらだら放出中。マウスで描いてるよー。ネタ切れの時は激渋酒場レポートになります。

【番外】北海道ひとりサウナ・温泉旅 - 13日目(小樽~余市)

 

北海道車ひとりのサウナ・温泉旅13日目行程

北海道車ひとりのサウナ・温泉旅13日目行程

北海道ひとり旅13日目です。

 

今日は札幌→小樽→余市→小樽なんですが

余市のメインイベントのために小樽でいったん車を

置いていきます。

あとは公共交通機関に頼ります。

 

 

 

小樽から余市へ

 

札幌から1時間ほどで小樽に到着。

このあと余市に向かうつもりだけど車に乗っていけない。

電車があると思ったらちょうどいい時間のものがない。

 

小樽駅の目の前に北海道中央バスのターミナルがあって

そこから余市行きが出ている。

JRと同じ運賃だしバスで行こう。

 

JR小樽駅前にある「中央バス小樽ターミナル」

JR小樽駅前にある「中央バス小樽ターミナル」

余市到着

「高速バス」とはなっていたけど

高速道路は(多分)走らず

停留所を飛ばしていくタイプだ。

30分ちょっとで余市駅そばの停留所に着いた。

 

「余市駅」。駅舎は新しい。駅前には多少のお店が。

「余市駅」。駅舎は新しい。

駅前はシャッター化したお店もあるけど

海産物屋や現役営業中もある。

ちょうど12時なので昼飯だ。

 

小樽、余市あたりは稚内と同様に

地域おこしで「あんかけ焼きそば」に力を入れている。

炒麺(ちゃーめん)」という。

調べたら駅近においしいと書き込みの店があったので

行ってみた。

 

「余市駅前せいちゃんラーメン」

「ラーメン」を打ち出しているけど「炒麺」が人気らしい。

 

余市駅近の「せいちゃんラーメン」

余市駅近の「せいちゃんラーメン」

駅から3分ほどの基幹通り沿いに構えている。

結構な老舗感が滲み出ている。

 店内はテーブル2卓と物置ぽくなりつつあるカウンター。

マスターと奥さんの2人で回している。

 

「せいちゃんラーメン」の店内

「せいちゃんラーメン」の店内

店内も外観の雰囲気を踏襲している。

 

今日は車を置いてきたから、まずはビール。

 

「せいちゃんラーメン」でビール

「せいちゃんラーメン」でビール

久しぶりの昼ビーだ。うまい。

そして「炒麺」(750円)を発注。

 

「せいちゃんラーメン」の炒麺。750円。

結構な量だ。

具は豚、以下、海老、白菜、キャベツ、玉ねぎ、

人参、きくらげ、さやえんどう蒲鉾に

スライスゆで卵。あと紅ショウガ。

餡もとろみがいい感じで濃厚。

麺は中華麺を茹でてから焦げ目がつくまで

焼きつけている。

本格的で美味い。

ビールと合わせて1250円也。

ちなみにトイレは汲み取りスタイルだから

苦手な方は他店へどうぞ。

 

tabelog.com

 

工場見学

そして13時半から今日のメインイベントの工場見学だ。

余市と言えば「ニッカ余市蒸留所」だ。

ウィスキーの試飲付きで見学は無料だけど

現在は予約制になっている。

 

www.nikka.com

 

毎月15日に翌月の予約を受け付けている。

場所は余市駅から徒歩3分。

ほぼ真向いに見える。

 

「ニッカ余市蒸留所」

「ニッカ余市蒸留所」

まるでスコットランドにあるような重厚な石造りだ。

 

予約の30分前に着いたけど受け付け開始は15分前から。

しょうがないから駅前をブラついて時間調整。

 

「ニッカ余市蒸留所」内の様子

「ニッカ余市蒸留所」内の様子

中に入ると外観と同じく石造りの建物がたくさん建っている。

 

ここでは糖化と蒸留工程と貯蔵の前工程がメイン。

瓶詰などの最終工程は別工場でやっている。

工場内の建物のほとんどが貯蔵庫らしい。

 

ちょうど蒸留のために窯に

石炭をくべているところを見れたけど

毎日やっているわけではないとのこと。

 

ガイドの案内付きで30分の見学の最後に試飲がある。

 

ニッカの蒸留所で「余市の試飲」

ニッカの蒸留所で「余市の試飲」

飲めない人はお茶になるけど

ここはもちろん「余市」で。1人1杯までだ。

 

もっと飲みたかったら別棟の「ウイスキー博物館」で

1杯300~1000円の有料試飲をやっている。

 

ニッカ余市蒸留所の「ウイスキー博物館」の有料試飲。

「ウイスキー博物館」の有料試飲。

ここでは「竹鶴ピュアモルト」で。

久しぶりにストレートで飲んだけど

体がしびれるほどのふくよかさだ。

 

博物館内にはニッカの歴史や

懐かしいの広告の展示もしている。

ロッド・スチュワートやポール・アンカも出ていたなぁ。

 

ニッカ「ウイスキー博物館」内での懐かし広告の展示

「ウイスキー博物館」内での懐かし広告の展示

蒸留所内にはこの他にレストランや

ここでしか買えないお土産コーナーもある。

 

製造工程見学としては見どころが少ないからけど

この試飲とお土産コーナーと博物館だけでも

電車台をかけてくる価値はあるな。

 

小樽へ

見学終わって今度は電車で小樽へ戻る。

今度はタイミングが合ったのでJR。

 

JR余市駅舎。新しい。

JR余市駅舎。新しい。

すっかり秋の景色の余市駅ホーム

すっかり秋の景色の余市駅ホーム

 

30分ほどで小樽に到着。

バスと同じ440円だった。

 

JR小樽駅前。人の動きがある。

JR小樽駅前。人の動きがある。

 

 夜はすし屋で

今晩は知人の紹介で地場のすし屋に。

この旅で初めてのすし屋だ。

小樽の駅近のアーケード街「都通り」から

ちょっと入った路地にある「みよ福」。

これまた風格ある外観だ。

 

小樽のすし屋「みよ福」

小樽のすし屋「みよ福」

 カウンターと小上がりのコンパクトな造り。

まずはビールとつぶ貝にシャコを切ってもらう。

 

「みよ福」でビールと刺身

「みよ福」でビールと刺身

 

隣の70代と思しき常連の爺様と話し出す。

この旅入って初めての飲みながらの会話だ。

 

爺「よく来るんですか?私は神戸からですけど」

 

俺「東京です。今北海道回ってるんですよ。

 大将との話で常連さんかと思ったら兵庫からなんですね?」

 

爺「や、神戸です、神戸。」

 

横浜人同様の神戸人プライドがほとばしる。

 

「月に1,2度魚食べに来るんですよ。

 小樽はこの店で魚を食べて札幌では牛肉。

 もう年金生活だけどやめられないですよ」

 

てな話をしながら酒も進む。

 

最後に握ってもらおうと思って壁のメニュー見たら

 

小樽「みよ福」の握りずしのお品書き。安いなぁ。

「みよ福」の握りずしのお品書き。安いなぁ。

これは「特」だな。

ちなみに「生」はなんだろう?

大将に聞きそびれた。

 

握りが登場したけど爺と話してたら

写真を撮り忘れてしまった。

確か、中トロにぼたん海老、ウニ、いくら、貝など。

これで2000円。

ものすごくお得だ。

 

酒3杯に刺身と握りで5700円。

この店アタリだ。

地元の常連も結構来てたしなぁ。

 

tabelog.com

 

小樽の夜

すし屋を出てから観光スポット「倉庫街」を

まだ見てなかったから寒かったけど行ってみた。

 

夜の小樽「倉庫街」

夜の小樽「倉庫街」

ライトアップされてるけど人がいない。

19時半ころだけど店もあんまりやってない。

エリア間違ったんだろうか。

 

宿に戻る途中、廃線になった線路が残っているところに出くわした。

 

小樽の廃線跡

小樽の廃線跡

ここもライトアップされてるけど人がいない。

そもそも店がない。

いい風情だけどなんかもったいないなぁ。

 まぁ、寒いし宿に戻ろう。

 

本日のサウナ&宿「ドーミーインプレミアム小樽」

今回の旅で3つ目のドーミーイングループの宿。

小樽駅真ん前だ。

 

「ドーミーインプレミアム小樽」

「ドーミーインプレミアム小樽」

通常とプレミアムの違いはよく分からないけど

安心のクオリティだ。

 

サウナ(95℃):8分 x 2、10分 X 1

水風呂(17℃):1分 x 2

休憩:10分 x 3

合計:3セット 

 

サウナは詰め詰めに入って6名が限界の広さ。

TV、サウナ計ありだ。

95℃が他より高めの温度設定。

 

水風呂は水温系ないけど多分17℃くらい。

2人は厳しい広さだ。

 

露天エリアに外気浴用椅子もあってそこで休憩。

浴室は2階なので強い風は入りこまずに

ゆっくりととのえる。

 

サウナに1セット目入った時に

先客が1名いて顔を見ると

さっきの「みよ福」で話した爺様だ。

 

北海道来るときは「ドーミーイン」が定宿だそうだ。

現役時代は外資系旅行会社のお偉方だったらしく

今回はGoToのクーポン使って

神戸からの飛行機が7000円以下、宿も35%引きとのこと。

昨日は「ニッカ余市見学」にアポなしで行ったけど

入れなかったとのこと。

 

「昔はぶらっと行って入れたのになぁ」

 

と悔やんでいた。

 

さっきまで寿司屋で一緒に飲んだ隣の人が

今度はサウナで裸になって話してる。

こんな偶然も旅の醍醐味だな。

おかげさまで今日はたくさん話せた。

脱力。

 

本日の走行距離

本日の走行距離

本日の走行距離

札幌→小樽で44.5km。

今日の運転は朝の1時間だけであとはバスと電車。

 

明日は洞爺湖なので300kmくらいになりそうです。

ひきつづきよろしくです。

 

 ----------------------------------------------------

12日目はこちら。

 

www.dokarefu.com

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村

 


一人旅ランキング