どかれふのExcel画廊

表計算ソフト、エクセルで描いた画をだらだら放出中。マウスで描いてるよー。ネタ切れの時は激渋酒場レポートになります。

仙台ディープゾーン文化横丁の顔的な居酒屋、「源氏」をエクセルで描いてみた

今回は仙台の艶気があるディープ飲み屋街、

文化横丁にあるこれまた見事な飴色酒場の

源氏」をエクセルで描いた話。

 

仙台ディープ飲み屋街

2018年は仕事がらみで全国いたるところに

出歩く機会があった。

 

見知らぬ街で予習なしに飛び込んでも

なかなか素敵なお店に出会うこともまれだから。

この頃はネットや知人の口コミの

事前リサーチをしてから出歩いていた。

 

仙台は国分町が夜の一番の繁華街と

評価されているけど

格式あったりこじゃれたお店が多くて

一人でぶらぶら飲むには今ひとつ刺さらない。

 

仙台に何度か行っている同僚から

 

「結構ディープな店、固まってますよ。

文化横丁。」

 

居酒屋、焼き鳥、中華、バル、バーetc.

 

小規模のバラック造りの店が密集していて

場末ムードもほのかに漂いながら

名店と言われる店も多いらしい。

 

その中でも「源氏」は老舗名店とのこと。

こりゃ行くしかないでしょ。

 

源氏到着

文化横丁は細い路地が

碁盤の目状になっているけど

「源氏」はその表通りにはない。

 

一人しか通れない見逃すような

あやしげな路地奥にある。

 

f:id:dokarefu:20200710230105j:plain

源氏へはこのあやしげな路地。突き当りはまだ店ではない。

この突き当りを左に曲がった

そのどん突きに「源氏」がある。

 

そう、看板が見えます。

 

f:id:dokarefu:20200710230613j:plain

源氏以外他に店はない。ここに入り込んだら逃げ道はない。

 縄のれんをくぐって右手に入り口がある。

 

tabelog.com

 

The Best Of 飴色ワールド

暖簾をくぐって引き戸を開けると

20名くらい座れそうな

大型のコの字カウンター。

カウンター内には和服の品のいい女将。

今はなき横浜野毛の武蔵屋に通じる風情。

テーブル席はない。

そこは見事な飴色の世界だ。

1950年創業とのことで、今年で70周年の老舗だ。

 

f:id:dokarefu:20200710231243j:plain

入って左手のカウンターからの景色

TVもBGMも無い。

開店時は常連数名が黙々と飲む

一人飲みの静寂空間だ。

 

吉田類より太田和彦がいそうな世界かなぁ。

 

今まで取り上げた飴色酒場の

「岸田屋」や「安兵衛」とは違った

凛とした雰囲気がある。

 

お通し付き1杯1000円(基本は)

「源氏」はアルコールは日本酒とビールしかない。

しかも価格は、ほぼ1000円くらい。

 

f:id:dokarefu:20200710232119j:plain

 

結構高いかなぁ、と思ったけど

1杯につきお通しがついてくる。

 もちろん単品のつまみも発注可能だ。

 

まずはビールで

 

f:id:dokarefu:20200710232255j:plain

 

この時のお通しは糠漬けと枝豆にばい貝。

 

↓は別の機会で日本酒からスタートした時。

1杯目のお通しは上の時と同じ構成だ。

 

f:id:dokarefu:20200710233155j:plain

 

お代わりのたびに違うお通しが出てくる。

2杯目は大体が奴、3杯目で刺身になる。

 

ちなみに、ここは「1人4杯まで」の制限があって

最後のお通しは汁物らしいけど

3杯で撤収している。

 

エクセル画のスペック(画はここから)

仙台文化横丁の居酒屋「源氏」のエクセル画

 

2020年7月制作。

 

パーツ数427。

 

仙台文化横丁の居酒屋「源氏」のエクセル画ドット版


今までの経験から飲み屋の店内は

酒瓶や什器とか描くものが多かったけど、

「源氏」はその手の類のものはないから

パーツ数は予想を下回る500以下。

 

左手柱の上部の宝船や破魔矢、お札が

細かくて時間かかったかなぁ。

 

うまく飴色感が出たのでよかったなぁ。

 

ただ、酒のコップをカウンター左手に置くか

テーブルセンターに置くか結構迷った。

右奥のシャツの色もブルーかグリーンか決めきれない。

 

センターのコップから

左右に広がっていく感じで

こちらをオフィシャル版にしておこう。

 

ちなみに迷ったバージョンはこちら↓。

 

仙台文化横丁の居酒屋「源氏」のエクセル画別バージョン

 

また仙台に行ったら

必ず飲みに訪れたい店だけど

しばらくは都内塩漬けだなぁ。

 

酩酊したい。

 

仙台文化横丁の居酒屋「源氏」のエクセル画額装版

 

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村


居酒屋ランキング