どかれふのExcel画廊

ユニバーサルツール、MSエクセルの描画ツールで描いた絵を放出中。マウスで描いてるよー。

エクセルで居酒屋「筑紫」@恵比寿(閉店)

f:id:dokarefu:20190904191532j:image

 

これまた残念ながら閉店案件

今回の店は5~6年前ほどに

恵比寿にあった居酒屋「筑紫」だ。


以前会社が六本木にあったころは、

家からは遠くなるけど気分転換で

恵比寿にちょくちょく飲みに行ってた時、

偶然裏通りで発見した

周りのキラキラとは真逆の強烈な「静」オーラ

を放っていたレガシー系居酒屋

 

場所は恵比寿東口の今は猿田彦珈琲店がある

裏手の路地。

看板の「酒と肴」そして「お茶漬け」の

コピーに心が鷲掴みされた。

こちら実際のお店。

f:id:dokarefu:20190902000816j:plain

 

ずるむけのマスターの趣味

入り口横の赤ちょうちん下には

楽しいゴルフ好きな方や女性おひとり様も

”ちょっと一杯”お気軽にお寄りください

とマスターの趣味丸出しの看板もそそられる

(実際「女性おひとり様」には遭遇したことはなかった)。


マスター一人で回していたから

大人数の客が来ると対応できなかったからか、

基本は1人か少人数客が寡黙に飲んでるいい店だった。

そのころには、

「筑紫」に行くために恵比寿に行く

ってな感じになってて、

今考えるとどこがよかったかもよくわからなくなってきたけど、

恵比寿とリアル昭和風情のミスマッチ具合

に惹かれたんだろうなぁ。


たとえば深夜食堂じゃないけど

赤ウィンナー」は見事な蛸カットされた

手の込んだものだった。

f:id:dokarefu:20190902000825j:plain

↑見事な立蛸

閉店スパイラルのはじまり

通いだして1か月たったころ、

「翌月でビルが建て替えで廃業せざるを得ない」

と衝撃的な話がマスターからあった。


その頃は行きつけの飲み屋の

エクセル画を描きだしたころだったから、

思い出の品にとがんばって描かせてもらった。

 

エクセル画のスペック

2014年10月制作。

今回はタイルがなかったけど、

縄のれんがタイルに匹敵する難物だった。

路上電飾看板は

このころ使い方を覚えた、「フリーフォーム」導入で

台形だろうが平行四辺形だろうがVの字だろうが

手際よく描けるようになった。

でもビールケースはまだ形が詰め切れてなかったなぁ。

 

全面的に暗い写真からの描き起こしだから

照明は強めに入れて、壁もアヤシゲなムードで紫に。

このころから看板と提灯の好物化が進んで、

最後に楽しみを残しておいた。

 

お店で出していたサッポロ黒ラベルと

蛸ウィンナーも店先に配置。

キャベツは手間だったけど、

些末部分では「からし」がいい具合に

決まって満足だ。

結局パーツ数585

f:id:dokarefu:20190902000809j:plain

 

 

閉店前日に何とか描き上げて納品。


あーゆー味のある店が

どんどんなくなってさみしいなぁ。

 

そして俺が描くと閉店するスパイラルは

このころからはじまってるみたいだ。

f:id:dokarefu:20190902000804j:plain

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村