どかれふのExcel画廊

ユニバーサルツール、MSエクセルの描画ツールで描いた絵を放出中。マウスで描いてるよー。

エクセルで「バーボン・ストリート」@六本木(閉店)

f:id:dokarefu:20190915225729j:image

 

今は亡き六本木昼の憩いの場

今回は六本木にあったレストランとゆーかカフェの話。

六本木オフィス時代、

昼食後ほぼ毎日通ってコーヒーを飲んでいたお店。

場所はミッドタウン六本木真向いの裏手の、

龍土町通りからまたわき道を入ったところ。

 

基本は抜け道で通る程度だったんだけど、

コーヒー300円」の看板につられて通いだした。

 

こちらが実際のお店。

エクセル画用にユミさんにも登場して撮影させてもらった。

f:id:dokarefu:20190904190006j:image

 

店名の「バーボン・ストリート」は

アメリカのニューオリンズにある歓楽街からつけたものとのこと。

もともとは夜はそこそこいい値段のケイジャン料理レストランで、

外国人客主体のいかにも六本木っぽいお店なんだけど、

オーナーの奥さんのユミさんが昼だけ

自分が好きなコーヒーを出すカフェとして営業。

 

300円と言ってもこだわっているだけあって、

クオリティも高かった。

 

俺は冬場もアイスコーヒーなのと毎日通ってたこともあって、

顔も覚えられて時間があるときはカウンターで、

Dr. JohnとかAllen Toussaintとか

ニューオリンズ系の曲かけてもらっておしゃべりしたもんです。

 

当時は「速水もこみち」も事務所が近かったみたいで、

何度か店内で遭遇したこともあった。

 

普段は15時で昼営業はおしまいなんだけど、

夜のレストラン営業がない時は、

ハッピーアワー」で夕方からハイネケン生を400円出してもらって、

まったり過ごせる素敵なお店だった。

 

で、ここも角そば並みにお世話になった店だし、

「バーボン描くしかないなぁ」でやってみた。

 

エクセル画のスペック

2013年4月制作。

パーツ数426

 

角そばより店外装飾が多くて、

途中挫折しそうになったけど何とか完成。

店先のアメリカン看板が一番手こずったなぁ。

あと、ユミさんも難しかったけどね。

 

当時はエクセルの直線図形の使い方を知らなくて、

随所にがたがたライン主体で構成されている。

ハイネケンも今だったらもっとマシに描けんだろうなぁ。

 

f:id:dokarefu:20190904190054j:image

 

絵を納品したらユミさんが喜んでくれて、店内の書棚に飾ってもらった。

f:id:dokarefu:20190904190242j:image

突然の閉店

6年ほど前のこと。異動で六本木を離れてから、

久しぶりに顔を出したら、ユミさんが

「体調悪くて検診行ったら、今度入院するからしばらくお店休みますね」

とのこと。

 

その半年後、会社の友人から

「ユミさんが亡くなったらしい」との訃報が。

元気そうだったのに。

 

後日「お別れの会」でお店に行ったら、

カウンターの上に絵を飾ていた。

面識がなかったご主人から「絵をありがとう」との言葉。

 

絵のユミさんが「さようなら」を言ってるみたいでつらかった。

今はレストランも廃業し店の面影もない。

 

合掌。

f:id:dokarefu:20190901221958j:plain

 

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村