どかれふのExcel画廊

表計算ソフト、エクセルで描いた画をだらだら放出中。マウスで描いてるよー。ネタ切れの時は激渋酒場レポートになります。

エクセルで「秋田屋」@東京・大門

f:id:dokarefu:20190905000022j:image

 

大門交差点に日が高いうちから充満するもつ焼きの煙

 

今回は東京の浜松町とゆーか大門にある、

老舗居酒屋「秋田屋」。

 

酒好きにはあのもつ焼き臭嗅いだら、

ブラックホール状態に強烈な引力に吸い込まれていく。

 

大門・浜松町エリアは新橋のムード色濃く残しながらも

オフィス比率が高まって来るから

わざわざ飲みにこうっていうマインドにはなりにくいゾーンだ。

 

 

最近は大井町に飲み行く途中乗り換えで秋田屋の混雑ぶりを見るくらいで、

しばらく行けてない。

 

日が高いうちから

15時半開店だけど、あっとゆー間に満席。

まっとうに18時くらいに行ったら待ち覚悟。

もちろん大テーブルでの相席も当たり前だ。

夏場(冬場でもか)は外のビールケースをテーブルに

トラディショナルスーツ姿の方々がスタンディングで召し上がっている。

 

店先からは黄昏の東京タワーも拝める

 

こちら実際のお店。

f:id:dokarefu:20190905000137j:image

日本酒は秋田の名酒「高清水」の1本勝負。

 

もつ焼きは、今風の小ぶりで希少部位とかじゃなくて、

昔ながらの大ぶりで、レバーもふにゃふにゃなヤワじゃないハードな噛み応え。

 

エクセル画のスペック

2013年11月制作。

 これも初期に描いたものだから線もぐにゃぐにゃだ。

この画は、面倒くさそうな店先の紅白庇から描きだした。

 

その後は、

 

壁→窓→ビールケース→エアコン室外機→カウンター

 

と進めていく。

 

店先の焼き場の大将は、角そば=「みのち庵」の蕎麦打ち大将の

コピペなんだよねぇ。
www.dokarefu.com

 

その後は

 

秋田屋赤看板→高清水丸看板→縦長屋号看板→背景

 

でほぼほぼ完成に近づいてくる。

 

東京タワーは今だったらもう少しまっとうに描けそうだなぁ。

店先の人影は「神谷バー」からの使い回し。

www.dokarefu.com

 

とどめは一瞬月に見える街灯やってから店先の高清水一升瓶。

 

このころから、コピペできそうな素材を使い回すのを徹底しているね。

高清水酒瓶は色やラベル換えてその後何度も登場することになる。

 

ちなみに酒瓶とかクルマとかの無機質物体は、

似てる似てないも関係ないから

描きやすい好物なんだよねー。

だからいつも最後に残している。

 

パーツ数590。

こちらも未納品のままだ。

f:id:dokarefu:20190905000508j:image

 

Chain Reaction

誰かが「くさや」をたのむと、

今まで自粛していたのか

後追い発注で店先はくさや臭で充満する。

オヤジごろしの強烈フェロモン放出で追い打ちをかけてくるわけだ。

 

秋田屋以外にも渋めの安飲みできる酒場がちらほらあるから

久しぶりに大門に行ってみっかなぁ。

f:id:dokarefu:20190905000539j:image

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村